セクキャバをできるだけ安く楽しむ方法を考えてみた

コツ

セクキャバと言えば「風俗未満」「キャバクラ以上の」ちょっとだけエッチなお店です。
そんなセクキャバで「どうやったらもっと安く楽しめるのだろう?」と色々考えてみました。
その中で大切なことを具体的にまとめていってみようと思います。
結論から書いてしまうと「セクキャバを安く楽しむには時間とドリンク」がポイントです。
それでは、どうすれば「セクキャバを安く楽しめるのか?」を書いていきます。

そもそもセクキャバとはどんなお店?

そもそもセクキャバとはどんなお店なのでしょうか?
簡単に言うと「おっぱいを触れるキャバクラ」です。

キャバクラではお触りは厳禁。
しかし、セクキャバでは「女の子のおっぱいを触りながらお酒が飲める」ます。
まさに世の中の男の欲望を満たしてくれる飲み屋さんと言えるでしょう。
おっぱいを触る事も、キスをすることもOKです。

ただし「下半身への攻撃」はNGで、もちろん「ヌキ」のサービスもありません。
もちろん、「イチモツを出しちゃう」なんてのもNGです。
かなりソフトなサービスですが、セクキャバは「安くエッチなことを楽しむ飲み屋さん」だと言えるでしょう。
それではそんな「安上がりなセクキャバをもっと安く楽しむ方法は無いのでしょうか?」

セクキャバを安く楽しむ方法①【早い時間帯を狙う】

セクキャバを安く楽しむには「時間帯を工夫する必要」があります。
多くのセクキャバ店では「夜遅い時間」の方が1セット当たりの時間が高いのです。

21時以降になると1時間ごとに価格が「1000円ずつ」値上がりされたりします。
夕方は5000円だった料金が最終的には「50分9000円になる」なんてことがざらに起きちゃうのです。
ということは「なるべく早い時間を狙ってセクキャバに行ったほうがお得」だと言えるでしょう。
もちろん最強に強いのは「朝から営業しているセクキャバの昼間を狙う事」です。

お客様の少ない時間は店側も「安くてもいいから一人でも入れたい」と考えて価格を安く設定しています。

セクキャバを安く楽しむ方法②【平日の時間を狙う】

セクキャバは「昼間の方が安い」というのは分かったのですが、実はさらに、、「平日の昼間」のほうが安く楽しめるかもしれません。
どういうことかと言いますと、「お店によっては土日よりも平日の昼間の方が安い」ということがあるのです。

さらに、平日の昼間を利用すると、「フレッシュな女の子」をゆっくり堪能できます。
土日や夜の込み合う時間を利用すると少なからず女の子は「疲弊した状態」でしょう。
サービスの質もガタ落ちになってしまうっている可能性が高いと言えます。
ただ、平日の昼間には「十分に女の子が揃ていない」こともあるので、そこはデメリットかもしれませんね。

セクキャバを安く楽しむ方法③【ドリンクを頼まない】

セクキャバを利用すると「ドリンク代」が付いて回ります。
「飲み放題のセット」を提示しているお店ではあなたのドリンクは無料ですが、飲み放題が付いていないお店であれば飲めば飲むほどお金がかかるでしょう。
さらにどのセクキャバでも一緒ですが「女の子のドリンクは高い」です。

もちろん「水商売」なのでドリンク代で儲けているのがセクキャバ。
女の子は執拗に「ドリンクのおねだり」をしてくるでしょうが、心を鬼にして「ドリンクなしで楽しもう」とお断りし続けましょう。
ただ、女の子は「ムッとした表情でくらーい雰囲気のまま」時間が過ぎるかもしれませんが、、というわけで、ドリンクを頼まないことでセクキャバは安く楽しめます!

セクキャバを安く楽しむ方法④【ホームページでチェックしてから行く】

セクキャバを安く楽しむには「ホームページで事前にお店をチェックしてから行く」というのは常套手段です。
歓楽街では多くの「キャッチ」があなたを誘ってくるでしょうが、なぜキャッチをするのかというと「ぼったくりたいから」と言えます。
ということは、あなたが「自分で調べたお店だけに行く」というのは一番安く楽しめる方法でしょう。

セクキャバを安く楽しむ方法⑤【大きな歓楽街のお店に行く】

これもかなり重要なポイントですが、「できるだけ大きな歓楽街」のセクキャバに行きましょう。
お店と言うのは「競合店」が多ければ多いほど「価格にシビア」になるのが原理原則です。
より「品質が高くて低価格なサービス」を提供し続けなければ競合店には負けてしまいます。
なのでなるべく「競合がひしめき合う大きな歓楽街」のセクキャバに行けば安く楽しめるはずです。

こんなにも沢山のセクキャバを安く楽しむ方法があった!

というわけで今回は「セクキャバを安く楽しむ方法」をまとめてお届けしてきました。
原理で言うとどれも「当たり前」のことですが、こういった「当たり前でシンプルな事」をきちんとしていけば間違いなくセクキャバを安く楽しむことが出来るでしょう。
安く楽しみつつ「気に入った女の子に徹底的に投資」してみてはいかがでしょうか?

それも一つの考え方です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました