北海道のセクキャバにはソフトとハードがあるって知ってる?

風俗情報

北海道一の歓楽街と言えばご存知「すすきの」です。
道民も足蹴く通えば旅行客も楽しく通うのが「すすきのの風俗店」。
その中でも大人気なのが「キャバクラ」でしょう。

「え?キャバクラ?あれってただの飲み屋でしょ?
風俗店じゃない、、そう思われた方是非ともこの記事を最後まで読み進めて頂きたいです!

結論から先に書いてしまうと「セクキャバに行く時はソフトかハードかよく確認して思いっきり遊びましょう!」ということです。
それでは北海道「すすきの」のキャバクラを堪能しましょう!!

北海道のセクキャバは「キャバクラ」と呼ばれている

はい。

というわけでいきなり冒頭の質問の答えを言ってしまいますが、「北海道ではキャバクラはセクキャバと同じ意味です」。
ここで通常の「キャバクラ」と「セクキャバ」の違いが分からない方に解説をします。
キャバクラと言うのは「キャバレークラブ」の略で、簡単に言うと「きれいな女の子とお酒が楽しめる飲み屋さん」という感じで、「女の子にエッチなお触り」は出来ません。
普通のキャバクラで女の子にお触りしちゃうと「ちょっと、お客さん。

困ります!」とどすの効いた声で言われちゃうかも?
かたや、「セクキャバ」。
セクキャバは「セクシーキャバクラ」の略で、簡単に言うと「めっちゃくちゃ女の子にお触り出来るエッチなキャバクラ」です。
こうやって本州以南では「キャバクラ」と「セクキャバ」を使い分けるのですが、北海道で「キャバクラ」というと一括りに「セクシーキャバクラ」の方だけを指すのです。

北海道の女性に「キャバクラに付き合いで行かなきゃ」なんて言っちゃうとドン引きされます。
ご注意ください。
というわけで北海道ではキャバクラの「意味が違う」ということを覚えておきましょう。

北海道のキャバクラではどんなことをするのか?

では、北海道のキャバクラでは一体どんなことをするのでしょうか?
北海道のキャバクラ店での一通りの流れがこちら。
「入店」→「ボーイさんがお出迎え」→「指名の有無と時間を伝え店内奥へ」→「女の子登場」→「雑談」→「お酒を飲みながら女の子をお触り」→「女の子が脱ぐダウンタイム」→「2人目の女の子に交代」→同様の流れ、、、「気に入った女の子がいれば時間延長や場内指名」・・
と、こういった流れで「エッチなお触りを主としてサービスを提供しています。

北海道のキャバクラに行って男が出来る事は「美味しいお酒が飲めること」と「めっちゃ可愛い女の子のおっぱいを揉み放題できる事」なのです。
それが北海道のキャバクラです。

セクキャバでの「ソフトサービス」とはどんなもの?

ではセクキャバ(北海道ではキャバクラ)には「ソフトサービス」と「ハードサービス」があるのをご存知でしょうか?

北海道のキャバクラには「このお店はソフトサービスのキャバクラ」というお店と「こっちはハードサービスが売りのキャバクラ」と2種類のお店があります。
セクキャバだけで「既にハード」な気もするのですが、さらに「ソフトとハード」で分けられているのは面白いですよね。
では本題、「北海道のソフトサービスのキャバクラ」では何が出来るのでしょうか?
一例を書いていくとこんな感じ。

「お酒を飲める」(当たり前)「女の子の体を触れる」
「女の子のおっぱいを触れる」
「女の子のお尻を触れる」
「女の子の顔を触れる」
「女の子にキスを出来る」。
などなどまあ「普通のセクキャバと同じこと」が出来るのが北海道のソフトサービスのキャバクラになります。
もちろん、お店によっては「ダウンタイム」を設けていてよりエッチなサービスを受けられます。
ちなみにダウンタイムとは15分周期くらいで店内が暗くなったりして女の子が「上半身裸になってあなたの上に跨ってくる時間」のことです。

もちろん生乳揉み放題のスペシャルタイムを「ダウンタイム」と言います。
このダウンタイムの時間をいかにうまく楽しむかがキャバクラ遊びの基本となりますのでお忘れなきようお願いします!

セクキャバでの「ハードサービス」とはどんなもの?

では北海道のキャバクラ(本州で言うセクキャバ)のハードサービスとはどういったものなのでしょうか?

これは簡単に言ってしまうと「女の子のアソコを合法的に触れるお店」なのです。
セクキャバでは通常、「おっぱいや上半身はお触りしてもいいけれど下半身へのアプローチは絶対にしたらダメよ」というルールの元営業されています。
しかし、北海道、すすきののキャバクラで、かつ「ハードサービスを提供」しているキャバクラは「嬢のアソコを触ってもOK」になります。
もちろん「おっぱいへのお触り」も「ディープキス」も「美味しいお酒を飲むこと」も全てOK。

しかも「ただアソコを触れる」というのみならず「指をアソコの中に入れてもOK」という大サービスをしているのが北海道のハードサービスが出来るキャバクラなのです。
感じやすい女の子は一気にあなたの虜になってしまうかもしれません。
ただ、残念なことに「本番行為」は絶対にダメですので興奮しすぎてイチモツを出してしまわないようにしましょう。
公然わいせつ罪でその場で現行犯逮捕されちゃうかもしれませんから。

というわけで北海道の「ハードサービスが出来るキャバクラ」では嬢のアソコをお触り出来るスペシャルなサービスが付いているという事です。

お店や嬢によって「どこまでOK」かが違うので事前に確認を!

そしてここからはちょっとだけ注意事項です。
もちろん「ソフトサービスでは」おっぱいを好きなだけお触り出来て、「ハードサービスでは」おっぱいや嬢のアソコまでお触り出来て更にはディープで濃厚なキスまですることが出来ます。

しかし注意しなければいけないのは「女の子やお店のシステムによってどこまでOKかが微妙に違う」ということです。
というのは、女の子の中には「私生乳触るのはNGです」とか「キスはNGだけれどおっぱいはいくらでも触っていいよ」とか色々な制限を設けている女の子がいるという事です。
特にソフトサービスのキャバクラのお店ではそういった「住みわけ」を行っている嬢がチラホラ散見され、よく気を付けていないと女の子に嫌われてしまう可能性もあります。
もちろん、嬢やボーイさんから事前に説明があるのでよく「ボーイさんや嬢の話をきいて」大人のマナーある態度で遊びましょう。

顔やスタイルのランクが落ちる女の子は「殆どの行為がOK」ですがアイドル級に可愛い女の子は「NG行為」が混ざっている可能性もあるのでよく聞いてから指名しましょう。
あなたが「紳士的な態度」で女の子と接するとひょっとするとあなただけに「特別コース」を許可してくれるかもしれませんね!
相手は「女の子」です。
よく相手の感情を考えながら行動していきましょう。

北海道でキャバクラで遊ぶなら「ソフト」か「ハード」かよく確認しよう!

というわけで今回は「セクキャバのハードサービスとソフトサービスって何が違うのか?」ということについて記事をまとめてきました。
ソフトサービスは従来通りの「上半身のみOK」で、ハードサービスは「上半身もアソコもOK」という素晴らしいサービス内容になります。

北海道では「ソフトサービス」
「ハードサービス」をきちんと明示してお客様を呼んでいるのであなたがきちんと望む方のキャバクラを確認して入店することを忘れないようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました