セクキャバに行く時の服装ってどんなのが良いのか?

コツ

皆さんは「セクキャバに行く時どんな服装」で行かれますか?
「え?セクキャバに行く時の服装なんて決まりがあるの?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。
もしくは「まだセクキャバに行ったことないから教えて欲しい」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
今回は「セクキャバに行く時にはどんな服装で行くのがベストなのか?」について記事を書いていきたいと思います。

結論から先に書いてしまうと「お店やセクキャバ嬢から好かれる服装であれば何でもOKですよ!」ということ。
では、セクキャバではどんな事をするのか?
からイメージしながら「セクキャバに行く理想の服装」を考えていきたいと思います。

セクキャバではどんな事をするのかからイメージしよう

では、一般的なセクキャバのお店で受けられるサービスの流れから見ていきましょう。
セクキャバではまず、「入店」(ここでボーイさんにどんな客か見られる)→
「店のルールなどを説明され時間を告げる」→「接客してもらう女の子を選ぶ」(もしくは店が決める)→「店内に案内されて女の子が来るのを待つ」→「指名しためっちゃ可愛い女の子がエッチな衣装で登場」(ここでどんな客なのか服装からチェックされる)→「お酒を飲みつつ女の子をお触り」→「女の子の生のおっぱいをもみもみ」(ここで女の子の柔肌に傷を付けないよう注意)→「女の子の体を触りまくりながらディープなキスをする」(口が臭いと嫌われる)→「そのまま爽やかに連絡先を交換して帰る」
と、このような流れです。

もちろん、「お金をケチらないで使ってくれる男性」は好まれます。
しかし、それだけでは可愛いセクキャバ嬢の心は動きません。
その時セクキャバ嬢やお店のボーイから好かれるために必要なのが「男らしくて爽やかさを感じる服装」です。
女の子は「金があっても汚い男」は嫌でしょう。

例えばあなたがホテルにデリヘルを呼んだとします。
その時に「健康サンダルにジャージ姿の口臭がするヤンキー女子」が来たらどう思いますか?
確かに「エッチなサービス」はしてくれるでしょうが、「本当はもっときれいに着飾った女の子にサービスをしてもらいたかった」とは思いませんか?
セクキャバに「きちんとした身なりで行く」ということはそれと同じことです。

高級フレンチを食べに行くのに「ジャージ姿」では行かないでしょう?
つまりそういうことなのです。
ボーイさんが「お!!イケてる男が来た!」と思い、セクキャバ嬢が「爽やかでカッコいいから触られても全然OK」と思ってくれて、さらに「口臭も爽やかでキスがめっちゃ上手い」と感じてくれる。
そうすれば「喜んでこのお店にずっと通って欲しいから連絡先教えるね」となりやすいわけです。

もちろん、ボーイさんも喜び、お店も喜びます。
あなたが「たかがセクキャバごときで服装なんて気にしない」と思っていればそれなりの扱いしか受けません。
お店とはそういう物なのです。
ではいよいよ「どんな服装がセクキャバで好かれるのか?」というポイントを

セクキャバで嬢に嫌われないように服装に気を付ける

セクキャバで実際に「セクキャバ嬢から嫌われない服装」というのはどういったものがあるのでしょうか?
まずは「とにかく不潔はダメ」です。

例えば「臭いジャージ姿のまま行く」とかはNG。
分かりますか?
部活帰りの学生のような「汗臭いまま」行ってはダメです。
そんな汚い男とは「一緒にいたくない」のが女の子の本音ですよね。

だから「不潔な格好」は避けましょう。
もし仮に「ジャージ」で行きたいのであれば「清潔な香りのする綺麗なジャージ」で行くのがいいです。
選択した後の「いい感じの石鹸の香り」がしているのであればかろうじてOK状態になるでしょう。
では他に気を付けるポイントはあるのでしょうか?

「この男、きちんとしてるわ!」と思われやすいスーツ姿で行くのもアリです。
まず入店の際にボーイさんが「お!!イケてるビジネスマンが来た」と思うのがいい感じのスーツ姿の男です。
もちろん、髪型も気を遣って「ビシっと」決めていくのは必須。
居酒屋上がりで「べろべろになったサラリーマン姿」では絶対にダメですよ?

「泥酔している時点」で入り口でシャットアウトされかねません。
とにかく「お金持ちのビジネスマン風」な姿で行くとお店からの評価はめちゃくちゃ上がります。
さらにそのスーツ姿で女の子と出会うと「わ!素敵なイケてるリーマンが来た!」と第一印象から心を掴むことが出来ます。
ここでもう一つポイントを挙げておくならば「さりげない香水の香り」があるとレベルアップでしょう。

女の子は「爽やかでダンディーな香りがする男」が大好きです。
イケてるビジネスマンから漂う「大人で爽やかな香り」で女の子のハートをさらにグッと掴んでみましょう。
「きれいな服装」
「スーツ姿」そしてその他に大丈夫そうな服装はこちらです。

「トレンドを取り入れたカジュアルスタイル」
簡単な着こなしで言えば「すっきりジーンズにイケてるスニーカー」そして「ラフなシャツや薄手のミリタリージャケット」など、とにかく「すっきりしているきれい目でラフなカジュアルスタイル」もおすすめだと言えます。
カジュアルスタイルで決めたのに「サイズが大きすぎたり小さすぎたりする」とダサいので「ファッションが分かっていない人」と思われて女の子は引いてしまうでしょう。
カジュアルファッションで行く時はとにかく「サイズ感」に気を付けた着こなしをしていきましょう。

ファッション誌などで勉強して、お店に買い物に行って最新の着こなしで行けばほぼ間違いないと言えます。
そしてここでも「爽やかさをアピールした香水」があればさらにいいかもしれませんね!

セクキャバに行く前は下着をきれいにしていこう

セクキャバに行く前は「きれいな下着」を穿いていくのもおすすめです。

「え?セクキャバってヌキのサービスは無いから別に下着は何でもいいんじゃない?」
と思われたそこのあなた。
甘いです。
セクキャバ嬢と「至近距離でイチャイチャ」するわけですから下着の汚さまで見通されてしまうのがセクキャバです。
しかも、女の子というのは下半身の匂いに敏感なものでしょう。
あなたのズボンを通して漂ってくる「パンツの汗臭い匂い」でセクキャバ嬢に嫌われてしまう可能性も非常に高いのです。

プレイ中にはお酒が入ってしまいあなたからは「だらしなさ」がにじみ出てしまうかもしれませんが、「ぴしっと」した綺麗なパンツをはいておくことで体の中から「イケてる雰囲気」を醸し出すことも可能になります。
さらには「きれいなパンツを穿いている」という自覚があるだけで「男らしくなったイケてる自分」になりきることも可能です。
パンツが変わると自覚が変わってあなたの持っているオーラまでもが大きく変わっていきます。
それがセクキャバ嬢やお店のボーイさんに伝わるとあなたに対するお店側からの反応も全く違う物になるでしょう。

というわけで、セクキャバに行く前には「きれいなパンツに穿きかえる」ことを是非とも実践してみて頂けたらと思います。

服装に気を付けるように口臭にも気を付けよう

セクキャバの醍醐味の一つが「セクキャバ嬢とのディープなキス」です。
セクキャバではキャバクラと違って女の子にお触りをしながら「ディープキス」まで出来ます。

(この辺りはお店のルールによったり、女の子のによったりで違います)
もし、「ディープキスがOKなのに口が臭くて女の子があまりしてくれない」のであれば非常に残念な事だとは思いませんか?
例えば「仕事帰りで歯磨きもせず、ストレスからくる口臭を振りまいてセクキャバに来店」されたら、女の子からすれば「うわーー、嫌なのきた、」と内心思ってしまうかもしれません。
ちょっとした「気づかい」で全く女の子のリアクションは変わっていく物です。

もし、仕事帰りでも「どこかの洗面所で歯磨きをする」だけで同じ料金を払ってサービスを受ける時の「質」が変わります。
もし仮に「忙しくて歯磨きなんて悠長にしている場合じゃない」なんて人も、「マウスウォッシュ」でいい香りの口の状態で行くことは可能でしょう。
はたまた「別のお店でニンニクたっぷりの料理を食べた後」でもなるべく匂いを抑えていくためのグッズを使っていきましょう。
明らかに「酔っぱらって、口もニンニク臭いおじさん」がお店に来るだけで女の子の気分はダダ下がり状態になりかねません。

そんな「大人な気遣いが出来る男」はセクキャバ店からもセクキャバ嬢からも間違いなく好かれます。
人間というのは不思議な物で「いい」と思った人には「ついつい過剰なサービス」をしたくなってしまうのです。
あなたのことを「優良でイケてる客」だと思わせるためにも服装だけでなく「口臭」にも気を付けてセクキャバに来店するよう心がけてください。

服装に気を付けるように爪にも気を付けよう

もうひとつ気を付けておかなければいけないことが「爪」です。
セクキャバ店では「女の子の柔らかい肌」を触ることになります。
それも「見ず知らずの可憐な女の子の肌」です。
ここで仮に「女の子の肌を傷つけてしまうような事」があればお店やセクキャバ嬢から受ける印象は「最悪」でしょう。

セクキャバに行く前日は「爪をきれいに切っておく」ことをおすすめします。
爪と言うのは「直前に切る」と逆に尖ってしまいチクチクするのです。
なので、「爪は前の日に切る」を徹底しておいてください。
ちなみに「AV男優さん」は同じく「繊細な女性に触りまくるお仕事」をされています。

なんとAV男優さんは爪をきれいに切った後に「丁寧にやすりを掛けて」撮影に臨まれています。
大切な女優さんを「自分が傷つけてはいけない」という想いからのこだわりです。
もちろん、そこまでケアしているから「AV女優さんからの信頼」もあついわけです。
セクキャバ店に行く際は「本当に女の子に嫌われたくない」のであれば「爪」にまで必ずこだわっていくべきでしょう。

ちなみに「爪」にこだわる事と同じことですが、「身に着けるアクセサリー」にも注意が必要です。
アクセサリーの中には「尖った状態」の物も少なくありません。
「セクキャバ店に行って女の子の肌を傷つけてしまった」とか「女の子の着ているドレスを傷つけてしまった」なんてことにならないように「身に着けるアクセサリー」にまで細心の注意を払う事をお勧めします。

お店のグレードで着ていく服装を変える

一口に「セクキャバ」と言ってもそのお店の持つ「グレード」は様々です。
激安のセクキャバと高級な店構えのセクキャバではお客様の扱いが違います。
激安店に行くお客様は「所得が低い可能性が高い」もので、高級セクキャバに行くお客様は「高所得なイケてるお客」の可能性が高いです。
ということは店の入り口で「このお客はうちの店に相応しいか相応しくないか」を見分けられてしまう可能性もあるでしょう。

もちろん激安店に行くのであれば「どんな格好」でも構わないかもしれませんが、「ちょっとお値段のいい高級店」に行くのであればせめて「スーツの着用と革靴の着用」はしておくべきです。
なるべくなら髪型も「ビシっと」整えいかにも「お金持ちである」ってことをお店側に伝える努力が必要でしょう。
お店の中には「ドレスコード」が絶対のお店もあり、入り口で門前払いを受けてしまう可能性も高いです。
今から自分が「どんなグレードのお店に行くのか?

」によって着ていく服をよく考える必要があるでしょう。
出来ればお店から「歓迎される優良なお客」でありたいものです。

セクキャバ嬢に気に入られやすい服装で行けばOK

というわけで今回は「セクキャバに行く時の服装」について具体的に書いてきました。

最終的に大切なのは「あなたにサービスをしてくれるセクキャバ嬢にあなたがどういった印象を持たれるか?」です。
とにかくシンプルに「セクキャバ嬢に好かれそうな服装」をしていくことを心がけてください。
雑誌を読んだり、ネットで調べたり、女の子に好かれそうな服は様々載っているはずです。

きちんとした清潔感のある服装を選んだ中でさらに「口臭」に気を付けたり「パンツ」に気を付けたり、「爪の長さ」に気を付けたりしていけばいいのです。
どんな女の子にも「男性の好み」はありますが、共通して言えるのは「不潔な男は絶対ダメ」だということでしょう。
とにかく清潔で爽やかな男になってセクキャバに行きたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました