今話題の「逆セクキャバ」の遊び方を解説します

コツ

皆さんは「セクキャバ」というものはご存知でしょう。
お酒を飲みながら「あんなことやこんなこと」が楽しめるお店です。
では「逆セクキャバ」というジャンルが今密かな人気なのはご存知でしょうか?

今回はその「逆セクキャバって何?どんなお店でどんな遊び方をすればいいの?」という疑問にお答えしていこうと思います。
もちろんセクキャバに遊び方のルールがあるように逆セクキャバにも遊び方のルールがあるのです。

結論から言うと、「M気質がある人は間違いなく逆セクキャバで楽しみまくった方がお得」だということです。
キャバクラも「何回も行ったし」と思われている方は是非とも「逆セクキャバ」で新境地を発見してみませんか?
それでは具体的に書いていきましょう。

まずセクキャバとはどんなサービスが出来るところなのか?

まずは基本編から。
「セクキャバってそもそもどんなサービスをしてくれるのさ?」ということをまとめていきます。
セクキャバは「セクシーキャバクラの略」です。

ちょっとエッチなことが出来る「キャバクラ」になります。
さらに「キャバクラって?」という方にご説明しますと、キャバクラは「キャバレークラブ」の略で、「クラブのような高級感とキャバレーのような大衆感を併せ持ったお店」という事になります。
キャバレーでは「明瞭な会計システム」ですがクラブでは「お店の言い値」の違いがあります。

もし、クラブに行って「予算オーバーしちゃったらどうしよう。」というお悩みを改善した物が「キャバクラ」という事になるでしょう。
そして、そのキャバクラに「エッチなサービス」を付けた物がセクキャバと言う業態になります。
ちなみに「キャバクラ」では女の子にお触りをするのは厳禁ですが、セクキャバでは女の子に触り放題、おっぱいも揉み放題です。

ただし、下半身へのアプローチはNGとなっています。
サービスの流れとしては「まず入店」→「ボーイがお出迎え」→「どれくらいの時間を遊ぶのか答える」→「指名の女の子がいるかどうか答える」→「店内のルール説明」→「席に座ると女の子がやってくる」→「ドリンクを注文して女の子とおしゃべり」→「女の子の体を触りながらお酒を楽しむ」→「お店によってはダウンタイムなどで女の子が脱ぐ」→「そのまま生乳を揉みまくる」→女の子の交代・・・・
とこんな流れで50分で約2人の女の子が交代しながら「おっぱいを揉ませてくれるお店」がセクキャバになります。
もちろん、「ディープキスも可能」ですし、「おっぱい舐めちゃうことも可能」です。

ただ、女の子によっては「どこまでがOKでどこからがNG」なのか決まっている子もいるので事前によく聞いておきましょう。
それと絶対に覚えておかなければいけないのは「セクキャバではヌキのサービス」はありません。
射精しないまま悶々と帰っていくのがセクキャバになります。
というように「セクキャバ」とはエッチなおっぱいを楽しみながらお酒を楽しめるお店になります。

そして「ヌキ」はありません。

では逆セクキャバになるとなにをされるのか?

それでは「セクキャバの逆」
「逆セクキャバでは一体何をされるのでしょうか?」一言で言うと「めっちゃエッチな攻撃を受けるセクキャバ」になります。
逆セクキャバの流れを説明すると、「入店」→「ボーイさんに時間を伝える」→「席に案内」→「女の子がやってくる」→「なぜか椅子には手錠が?」→「お酒を楽しみながら雑談」→「なぜか手錠で自分が繋がれて目隠しまでされる」→「なぜか自分が上半身を裸にされて乳首を責められる」→「嬢がエッチな言葉を耳元でささやきながら股間をスリスリしてくる」→「そのまま乳首をぺろぺろされながらエッチな言葉で責められ続ける」・・・時間が終わってお終い。
という流れが「逆セクキャバ」です。

つまり、「普通のセクキャバであれば女の子の事を男性客が責めまくって感じまくらせる」のですが逆セクキャバでは「女の子の方が主導で責めてくる」という物です。
流れ的には「M性感」と呼ばれる風俗店に近い感じでしょう。
「SMクラブとも近い?」とは思いましたが「鞭で叩く」などの暴力的な行為は無いので「SMクラブ」とは違いそうです。

逆セクキャバで遊ぶのは「Mっ気がある男性」限定になりそうですね。
それでも「普段はSだけどたまには逆セクキャバを利用してみようかな?」と思って入店される方も意外と逆セクキャバの魅力に取りつかれてファンになってしまう方も多いようです。
もちろん逆セクキャバでもセクキャバ同様「お酒を楽しむシステム」はあります。

お店によっては「ドリンク飲み放題」のセットになっていたりもします。
嬢にドリンクをおごってあげることも可能でしょうが、逆セクキャバではセクキャバ以上に「ドリンクをあまり楽しまないお店」だと思っておいてください。
逆セクキャバで男性客が主に楽しむ目的は「エッチな性感攻撃」を受ける事です。
お酒を飲みすぎて「酔っぱらいすぎた状態」では本来楽しむべきはずの性感攻撃を十分に楽しめずに終わってしまう可能性も高いのです。

逆セクキャバでヌキはあるのか?

「ここまでエッチな事をしたのだったら射精をして気持ちよくなって帰りたい」と思うのが普通の男でしょう。
しかし「逆セクキャバにヌキはありません。」

「逆セクキャバ」の中には「ヌキ」のサービスを密かに行ってくれるお店もあるようですがこれは実は「違法行為」です。
逆セクキャバもセクキャバ店と同じように「風俗店」で営業許可をとっているお店で「性風俗店」ではありません。
男性の下半身の露出は「公然わいせつ罪」の適応にもなりますし、風営法にもひっかかります。
ヌキのサービスを売りにしている逆セクキャバ店には注意をした方が良いでしょう。

いつの間にかあなたが勝手に「法律違反」をしていて現行犯逮捕されてしまうかもしれません。
もし仮に「ヌキ」のサービスをしているお店があるのであればどういった流れなのでしょうか?
例えば普通のサービスは「大広間の間仕切りがある場所」で行われます。
ここでは「お酒を飲んであなたが責められるだけの場所」。

しかし、別料金を払って「特別サービス」をしてもらいたいのであれば「奥のVIPルーム」に案内されます。
そのVIPルームでは「ピンサロ」のように嬢があなたの乳首やイチモツを責めまくってくれて、最後に手コキやフェラでフィニッシュ。
という流れになるようです。
これは「風俗店」の営業許可の中にはないサービスですのでもし誘われても丁重にお断りするのが無難だと言えるでしょう。

というわけで「普通の逆セクキャバではヌキはありません。
もちろんですが、「本番行為」も逆セクキャバではありませんのでこちらもご注意ください。
日本国内の風俗店及び性風俗店で本番を許可しているお店はありません。

(ソープランドではお風呂に入りに来た男性客と嬢が勝手にセックスをしちゃったという認識になっています)

逆セクキャバの正しい遊び方とは?

逆セクキャバで「正しく遊ぶ遊び方」とはどんな方法なのでしょうか?
それは簡単です。

嬢に身をゆだねる事」になります。
逆セクキャバで働く嬢は普通のセクキャバよりも「Sっ気が強い女性」が多いです。
セクキャバ店ではあなたのことを「上手く立ててくれる女性」ばかりであなたが女の子を責めやすい環境に持って行ってくれますが、逆セクキャバでは全くその逆です。
女の子が常にあなたのことをリードして「エッチなお仕置きを繰り返して行ってくれる」でしょう。

慣れるまでは「ちょっと緊張してしまう」かもしれませんが、向こうの女性は「責めるプロ」です。
あなたの緊張を上手く溶きほぐしてくれ、一気に身をゆだねてしまう事になるでしょう。
さらに「今からエッチなことをされる」のでお酒があるからと言って「ガブガブお酒を楽しむこと」はNGです。
それよりも、女の子からエッチな仕打ちをされることを楽しみましょう。

お酒を飲んで酔いが回ってしまわないうちにエッチなことをされた方が男としては実は気持ちが良い物です。
もちろんズボンの上からなら嬢はあなたの股間を触ってくるかもしれません。
その時にきちんと男らしいイチモツでいる為にもお酒の量は控えることをおすすめします。
また、気に入った嬢がいればセクキャバ同様「本指名」をすることも出来ます。

初めての来店で気に入った嬢がいれば間違いなく連絡先を交換したり名前を覚えておくことをおすすめします。
本指名を行うと女の子に「バックが入ったり」「給与の査定が上がったり」するので女の子はとても喜びます。

もしあなたが本指名でその嬢の事を選び続けていると、店外デートなどで「もっとエッチな男と女の関係」になれるかもしれません。
とにかくセクキャバにしろ逆セクキャバにしろ「女の子が喜んでくれるマナーを守った遊び」を継続していくのがいいでしょう。
女の子に好かれる方がより「エッチな関係」に近づいていきます。

逆セクキャバではどんな嬢が働いているのか?

では、逆セクキャバではどういった女の子が働いているのでしょうか?
基本的には「セクキャバで働く女性」よりもランクが下がる女性が多いです。
というのも逆セクキャバでは「目隠しをしていて男性客は嬢の事がよく見えていない」から見た目重視のセクキャバ店よりランクが落ちてしまうのです。
もちろん、「Sっ気がある女性」が逆セクキャバでは働いているでしょう。

セクキャバ嬢に比べて「年齢がいっている女性」が多い可能性も高いのが「逆セクキャバで働く女性」とも言えます。
逆セクキャバに来る男性は「とにかく責められたくてたまらない男性」です。
男性がどうやって責められたいのかを熟知している女性は必然的に年齢を重ねた女性になっていってしまうものです。
もちろんお店では「最低限の容姿のレベル」を採用基準にしているはずですから、とんでもない女性に責められることは無いと言えるでしょう。

中には「人妻」がアルバイト感覚でやっているかもしれないのが「逆セクキャバ」です。
逆セクキャバの魅力は何と言っても「女の子が責められない」ということ。
つまり女の子に負担が少ない風俗なのです。
であるのであればそういった性的サービスに抵抗がある人妻の方も比較的簡単にアルバイトをしやすいジャンルになるでしょう。

というような「責めるのが好きな女性」が多く働くのが逆セクキャバを行っているお店になります。

逆セクキャバのお値段の相場は?

では、逆セクキャバに行く時の予算ってどれくらいなのでしょうか?
大体60分で10000円程度あれば十分に遊べるでしょう。

ただ「めちゃくちゃ気持ちよすぎて思わず延長したくなった」ということも発生すると思うのでより多くの現金を準備しておくこともおすすめです。
さらには「女の子とドリンクも楽しみたい」と思われる方は女の子のドリンク代は別料金になりますのでより多めに予算設定しましょう。
気に入った女の子に「責めてもらいたい」と考えるのであれば「本指名」が必要です。
本指名を行うにはこれまた別料金がかかるお店が殆どです。

本指名を上手く使ってあなたの性的欲求を満たしてもらいましょう。
もちろん指名を入れてあげれば嬢の給料もどんどん上がっていくのでかなり喜んでくれるのではないでしょうか?
セクキャバにしろ逆セクキャバにしろどちらの嬢も「もっと優良なお客様に好かれたい」と思っている女の子ばかりです。
うまく本指名を使いながらあなたとの関係を深めていくことが一番おすすめになります。

M気質な人は逆セクキャバで遊び方を守って楽しみましょう

というわけで今回は「逆セクキャバ店での正しい遊び方」についてまとめてきました。
逆セクキャバではとにかく「ハードでエッチなサービスが満点」です。
セクキャバで遊ぶよりももっと過激なサービスになりかねないのが逆セクキャバでしょう。

しかし、逆セクキャバも「性風俗店ではない風俗店」です。
書きましたように「ヌキ」のサービスや「本番行為」は法律により禁止されています。
ひょっとするとかなり強引に誘われるかもしれません。
お酒が入って「ちょっとぐらいいいか」と思ってサービスを受けそうになるかもしれませんが、うまく理性を保ってあなたが「犯罪者にならない工夫」が必要でしょう。

逆セクキャバは「Mっぽい気質があるあなた」に非常にお勧めな風俗店です。
是非一度行ってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました