セクキャバで摘発されそうなお店はどんなお店なのか?

風俗情報

世の中には多くのセクキャバ店が営業しています。
セクキャバ店と言うと「お触り出来るキャバクラ」で、セクシーキャバクラの略です。
お店で働く女の子が上半身裸になって触り放題触らせてくれる「風俗店」になります。

もちろんその場で「お酒も楽しめる」のですが、この「セクキャバ」の中には「法律違反を犯して営業しているお店」が少なくありません。
よく「〇〇大手セクキャバグループを一斉摘発」とニュースになっていることがあるかと思います。
これは「違法行為をしていたセクキャバグループに警察がガサ入れしましたよ」ということです。
出来ればそんな現場に居合わせたくないですよね?

そこで今回は「どんなセクキャバ店が摘発されそうなのか?」を見抜くポイントを書いていこうと思います。
結論から言うと、「明らかに下半身への攻撃OKのお店は間違いなくアウト」ということです。
それでは具体的に見ていきましょう。

セクキャバ店は違法ではない

まず「セクキャバって違法営業してるんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
セクキャバ自体は「合法」です。

風俗業界を取り締まる法律は「風営法」と呼ばれる法律ですが、その中の「接待飲食等営業の第2号営業許可」というところでセクキャバは合法的に営業をすることが可能です。
ただ、「きちんとルールを守っているお店のみ」という事になります。
セクキャバでは「女の子が上半身を脱ぐ」のが一般的ですが、これは法律の範囲内でOKなのですが、NGになるのが「下半身を露出したり露出させて射精させたりすること」です。
公然わいせつ罪に適用されてしまいます。

きちんと、「ヌキ」を提供していないルールの中で営業しているセクキャバ店は法律上「合法な風俗ビジネス」となるでしょう。

セクキャバで摘発を受けたら客も捕まるの?

もし仮にあなたがお客として入店している状態で警察が摘発にやって来たとします。
その場合あなたは「逮捕される対象」になるのでしょうか?

答えはNOです。
摘発の対象になるのは「お店」であってそのお店を運営している「オーナー」が逮捕の対象になるだけです。
ただ、「せっかく気分良くお酒を飲みながらプレイしている」のに警察がいきなり来てしまうと気分は台無しですよね?
せっかくのエッチな気分も急降下してしまうでしょう。

そんなことにならない為にも「このお店は違法営業をしていないかな?」と見極めてお店を選ぶことが重要となります。

セクキャバで摘発対象になるお店はどんなお店?

では具体的に「セクキャバ店で摘発の対象になるお店はどんなことをしているお店」なのでしょうか?

例えば、「ヌキ」を売りにしているお店は確実にヤバいです。
店内の奥には「VIPルーム」があってそこでセクキャバ嬢が手コキやフェラで抜いてくれるのは違法になります。
また、嬢が「下半身を露出して触らせて来る」パターンもNGでしょう。
下半身を露出してしまっただけで摘発対象です。

もちろん「本番行為が出来る」と噂の絶えないセクキャバ店もアウト。
次第に口コミで噂が広まっていき、あっという間に警察の摘発対象になります。
さらには、「完全個室のなかでのサービス」を売りにしているセクキャバ店も要注意。
風営法では「完全な個室でのサービス」を認めていません。

あくまで「大きなフロアを間仕切りして接客する」のが基本です。
完全個室を売りにしているセクキャバ店には出入りしない方が賢明だと言えるでしょう。
そして、ここがとても重要です。
「18歳未満の女の子が働いているセクキャバ店」

これは完全にアウトでしょう。
風営法では「18歳以下の未成年は風俗店では働けない」ことになっています。
18歳以下の女の子が働いている時点でそのお店は摘発対象店なのです。
お店のホームページを確認したり、実際にお店に行った時に「明らかに18歳以下の女の子と思しきキャスト」がいればそのお店では遊ばない方がいいでしょう。

「え?摘発されても自分が逮捕されないんだったら問題なくね?」
と思われたあなた。

実は「18歳以下の女の子から性的サービス」を受けたら「あなたも逮捕されてしまう」のです。
そう、もしあなたがサービスを受けている間に警察がガサ入れに来たとします。
本来ならば「お店のオーナーだけ」が逮捕されてお終い、のはずが、未成年とエッチなことをしていたあなたも「違法者」となってしまうのです。
もし接客に付いてくれる女の子が「明らかに18歳以下」であればサービスをお断りして別の女の子にチェンジしてもらうのも一つの方法です。

街中で「客引き」をしているセクキャバ店も実は「違法営業店」に該当します。
条例で「セクキャバ店の客引き」は規制されているのです。
客引きされてついて行ったらあっという間に警察からのガサ入れがあったとか、「ぼったくりの被害に遭った」とかいうことは良くあることなので注意しましょう。
と、摘発対象になるお店は様々です。

ただ一つとにかく気を付けなければいけないことは「ヌキ」や「本番」が出来ると言っているセクキャバ店は絶対にダメだということでしょう。
日本の風俗店で「本番」が出来るのはソープランドとちょんの間だけです。
本番が出来ると思って「ワクワクしながらお店に向かう」ことはやめておきましょう。

特に摘発に注意したいお店ははどんなお店の特徴?

摘発されそうな違法セクキャバ店を見抜くコツは他にもあります。
例えば「お店の公式ホームページが存在しないお店」などがそうです。
普通の合法セクキャバ店であれば何らかのホームページは用意して営業を始めますが、違法セクキャバ店にはホームページはありません。
そんなホームページを作っている時間があれば営業を開始したほうが儲かるからです。

さらには、「お店の電話番号が載っていないホームページのお店」も要注意です。
お店側が「違法な事をしている」と認識して営業を続けている可能性が非常に高いでしょう。
もし仮に電話番号を載せていても「その電話に全く繋がらない事」もあります。
違法に営業を続けていることを認識しているにも関わらず、「とにかくバレないように営業している」のが違法セクキャバ店の特徴だと言えます。

そういった違法なセクキャバ店は「意外と繁盛している」もの。
それは「口コミで噂が広がって人が集まっている状態」なのですが、そこまで行くとかなり赤信号に近くなっていると言えます。
口コミで噂が広がるという事は「警察にも」その噂は伝わっている可能性大です。
あなたが「ウキウキで来店した瞬間」に警察がやってくるかもしれませんね。

非常に怖い事です。
と、セクキャバで摘発されそうなお店にはこういった色々な特徴がありますので是非ご注意ください。

セクキャバに行く時は摘発されそうなお店でないかのチェックを

というわけで今回は「セクキャバ店で違法営業をしていて摘発を受けそうなお店はどんなお店なのか?」について書いてきました。
殆どのセクキャバ店は「法律の範囲内」で営業を続けています。
ただ、風俗店と言うのは「なるべく過激なサービスを提供」した方が儲かるもの。
つまり、何とか「法律の穴」を抜けてより過激なサービスを提供したいのが風俗店なのです。

もしあなたが「警察の摘発を受けて悲しい気分」になりたくないのであればそう言った「違法営業をしている風俗店」には出入りしないことをお勧めします。
最悪の場合あなたも逮捕されることになってしまうかもしれませんよ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました