セクキャバで好かれる方法

悩み

セクシーキャバクラの略称で、地域によってはピンクパブ又はおっぱいパブと呼ばれています。
キャバクラと付いてはいますがお酒飲んで女の子とトークをするだけの場所ではありません。
では、何をする場所かというとお店によってスタイルが異なるのですがチークタイム、ハッスルタイムと呼ばれるサービスタイムが存在します。

具体的にどんなことをするのかというと、女の子がお客さんの膝の上に乗って自分のおっぱいを出して揉んだり、吸わせたりディープキスをしたりして性欲を開放させる場所です。
普通のキャバクラに、性的なサービスが付くという違いがあるだけで女の子と一緒に楽しくお酒を飲む場所と認識をしてもらえたらと思います。
そんな、セクキャバで今回は女の子に好かれる方法について紹介したいと思います。

まずいいお客さんになる

客商売なので、女の子に気に入ってもらうには何回もお店に足を運び顔を覚えてもらうことが肝心です。
普通の女の子と同じで、お互いをまず知ることで徐々に心を開いてもらうには交流することが必要です。
何度か通っているうちに、自分のタイプの女の子に出会えると思うのでセクキャバに初めて行って電話番号をゲットしようオフの日に遊びにいきたいなという変な気は起こさないようにしましょう。
何事も、焦りは禁物です。

ガツガツ行き過ぎると、女の子に警戒され嫌われてしまうので注意が必要です。
お気に入りの女の子が、通っているうちにお気に入りの子が出来ると思います。
そうなったらまず、ラインを交換しましょう。
もちろん、プライベートで会話をするという意味ではなくあくまで営業目的でその子が何曜日にいるのかということを把握する為にです。

営業してきてもいいからね。」と一言声をかけましょう。
すると、営業ラインは勿論きますが少しずつプライベートな会話ができるようになると思います。

女の子とデートするような意識で!

お金を払っているから、何をしてもいいしどんな格好でもいいじゃないかと思ったそこのあなた大きな勘違いです。
お金が絡んでいるからこそ、気を使いましょう。
あくまで、あなたはお客さんです。
お金を払っているから女の子は嫌な一つせずサービスに徹してくれているんです。

女の子と、キスしたりハグしたりおっぱいを触ったりするので肌と肌が触れる機会が多くなるのがセクキャバの特徴です。
キスをした時に、歯を磨いてなかったりニンニクの匂いとかしたりしたら嫌ですよね?
汗をかいて、腋臭だとサービスタイムで密着した時に「臭いこのお客さん付きたくない。」となる可能性があります。

そうならないようにするために、前日はお風呂やシャワーで入念に体をボディケアしたりセクキャバに行く前に香水を振ったりしていくなどしましょう。
また、服装もスウェットやジャージなどではなく普通の女の子とデートする時のようによそ行きの恰好をしてしっかり決めましょう。
身だしなみは、その人の心を表すものです。
女の子に、「この人ファッションのセンスあるな」と思ってもらえるように気遣いましょう。

女の子に好かれて、ゆくゆくは女の子と仲良くなってプライベートでも遊びたいなと思っている人は手を抜かず出来る男だというところをアピールしましょうね。

お気に入りが出来たら指名しょう!

次に、何回かセクキャバに通っているうちにお気に入りの女の子が出来ると思うのでそうなったら指名をしましょう。
美容院と同じように、行きつけの場合指名して同じ人に切ってもらったりしますよね?

それと一緒です。
何回か通うことで、女の子は顔を覚えていってくれます。
「お客さんまた会ったね!久しぶり」などと、フランクな対応になってきます。
セクキャバにいる子みんなに好かれるということは難しいです。

女の子によってタイプが違うので、話していて楽しい子、スタイルやルックスがいいから隣に長くいて欲しいなど自分がいいなと思う女の子を指名してあげましょう。
なぜ、指名をすると女性から好かれるのかというと指名料から何パーセントかが女の子の給料に反映されるからです。
すると、女の子は大切なお客様だからもっとサービスしなきゃとなり好かれることにも繋がります。
ですので、お気に入りの女の子ができたらまず指名をしましょう。

初めてセクキャバに行く場合は、まずナイツネットやヘブンなどのサイトで事前にお店のことをリサーチしてどういう女の子がいるのかという下調べもお忘れなく。
初めての場合、場内指名をするというパターンが殆どですが下調べをして自分に合いそうな女の子がいた場合本指名で入店するというのも一つの手段です。
初めてなのに、私のことを知ってくれてるなんて嬉しいと女の子からの好感度が上がること間違いなしです。

ワンドリンクは最低限のマナー

お気に入りの女の子が出来たら、指名をして次のステップです。
何をするのかというと、指名をしている女の子にソフトドリンクやアルコールなどの飲み物を振舞ってあげましょう。
何故かというと、客として行っている私たちはお店によりことなりますが焼酎やビールは飲み放題なのですが働いている女の子達はお店の商品であるドリンクはお客様が入れてくれないと飲むことが出来ないのです。
そして、ドリンクも指名料と同じで1杯飲むことで女の子の所にバックが入ってきて月の給料に反映されるのです。

女の子からすると、1杯ドリンクを飲めて後からお金も入ってくるので一石二鳥となり嬉しいなとなるわけです。
ドリンク代をケチったりすると、「この人は、ケチなお客さんだな」という印象を持たれ嫌われ兼ねないので女の子から好かれる為の投資と割り切ってドリンク一杯は入れてあげましょう。

たまには延長をしてみよう!

女の子に好かれる為には、人と違ったことをしみるのをオススメします。

ほとんどのお客さんは、女の子に好かれる為にお店に来るのではなくおっぱいを触りたい、キスしたりして性欲を開放したいという人が殆どです。
セクキャバは、お店や地域によって異なると思いますが大体30分~50分でワンセットというところが殆どです。
いつもは、ワンセットだけどたまに延長してみて女の子の反応をみてみるのも悪くないと思います。
「延長してくれて嬉しいな。」
「無理しなくていいんだよ。」など女の子によって対応が変わっては来ますがあなたのことをいい客だと認識してくれれば女の子に好かれること間違いなしです。
いつもと違ったことをすることで、女の子の興味を引く行動の一つとして延長をしてみるというのも一つの手段ですので是非試してもらいたいなと思います。

もちろん、無理のない範囲でです。
お金の使いすぎには注意しましょうね。

誕生日プレゼントやシャンパンを入れよう!

お店側も、女の子はセクキャバの商品なので当然売り上げアップの為にイベントを計画してきます。

お店の周年記念や女の子のバースデイイベント(設定の場合もあり)やクリスマス、正月など様々です。
そんな時に、女の子に好かれたいと思っているあなたが行うことは女の子の気を引くこと。
前項でもあげましたが、他のお客さんと同じではダメです。
その人より好かれたいと思うのであれば普段は入れないシャンパンを「今日は○○と会って1年だから」とか「今日は誕生日だよね、おめでとう!」というように何かと利用を付けてシャンパンをおろしてあげましょう。

女の子も「私の為に、ここまでしてくれてありがとう。」
「誕生日覚えていてくれたんだね。ありがとう」と好意に思ってくれること間違いなしです。

それプラス、プレゼントも忘れずにしましょう。
あまり高価な物は避けましょう。
相手の女性も、重く感じてしまいます。
おすすめは、入浴剤やアロマオイルなどです。

これからも、綺麗でいてねという意味と形として残らないものなので相手も気兼ねなく使うことができます。
または、わざとイベント日ではなくその前後にお店にいって同様のことを行うことで女の子の印象に残りやすくするというテクニックもあるので是非実践してもらえたらと思います。

指名以外の女の子とも仲良くする

キャバクラと同じように、より高いドリンクであったり何回もリピートしてくれたりお金を沢山落としてくれるお客さんにお店は女の子を付けます。

お店側も、売り上げが大切になってくるので忙しい時は指名した女の子(好かれたい女の子)が横に中々ついてくれないことがあります。
そんな時、その待ち時間を埋めるという意味でヘルプの女の子が横に付きます。
そんな時に、人間性という物が出るので気を抜いてはいけません。
君には興味ないからという態度を言葉や口に出したりするとヘルプで付く女の子も嫌な気持ちになるし指名の女の子からの評価にも影響するからです。

なぜ、そうなるかというとヘルプに付いた女の子が指名している女の子と仲が良く自分が居ない場所で「あのお客さん、○○ちゃんが付いてない時私がヘルプに付いたら、不機嫌で一言もしゃべってくれなかったんだよ」と告げ口をされたりする可能性があるので。
指名している女の子と楽しく会話したりすることは当然のことですが、ヘルプに付いた女の子とも人として最低限の対応で接しましょう。
後々、自分の評価として返ってくるので他の女の子とも仲良くして自分の株をあげてもらえるよう回りもしっかりと固めておきましょう。

ブログやラインでもやり取りを適度に行う

セクキャバの場合、集客用にお店自体がサイトに女の子一人一人のブログを設けている場合があります。
これはなぜかというと、プライベートをみてもらうことでこの女の子はどういうことが好きなのかお客さんとの交流の場の一つでもあります。
お店にもよるのですが、お客さんとの連絡先の交換を禁止している場合もあります。
これはなぜかというと、連絡先を交換することでプライベートでお店の店外で会う事を防止する為です。

外で、会うようになってしまうとお店に来る頻度が悪くなるもしくは来なくなるとう可能性があります。
それを未然に防ぐという意味で対処しているのです。
ですが、お客さんとキャストの女の子が店外で交流をしないとなると接点を持つことができないので信頼関係などを築くこともできず進展がありません。
なので、ブログを公開しコメントでのやりとりで交流を図るという意図があります。

ここで気を付けたいのは、過度にコメントをし過ぎないことです。
何故かというと、コメントをするのはいいのですがしょっちゅうコメントをしていると「このお客さんは暇な人なのかな?」「しつこいんだけどw。」と思われ兼ねないからです。
では、どんな時にコメントをするのかというとその子に良いことがあった時や病気で寝込んじゃっててなど人の痛みを共感できるであろう話題の時は積極的にコメントしましょう。
テンションが上がっている時、下がっている時というのは気が緩みやすい時ですそういう時を狙って好かれるような相手を気遣えるコメントをしましょう。
また、ラインでも同様なことが言えるのですが気を付けないといけないのは既読がついても返信が来ないいわゆる既読スルーの対応です。

女の子が好きだから、ついついやりとりをしたいなと思いがちですがあなたは好意を持っていても相手はビジネスとして接しているので最初のうちは感情というものはまったくありません。
そればかりか、貴重なプライベートな時間にお店に来るお客さんと交流するなんて勘弁してよと思っている子が殆どでしょう。
ですので、最初のうちはお店に遊びに行く時に「出勤してる?」と聞いたりお店に行った後は、「今日はありがとう!楽しかったよ」などお店と関係するようなことからラインをしていって徐々にプライベートな会話をするようにしましょう。

間違っても、「彼氏いるの?」
「何でセクキャバで働いているの?」などプライベートに立ち入った質問はしないようにしましょう。

最悪の場合、ブロックをされることだって考えられます。
あくまで、女の子は営業用でラインを交換しているということは頭にいれておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、セクキャバの女の子に気に入られる方法について紹介しました。
お店で働いている女性というだけで、普通の女の子と至って変わらないです。
ですので、一人の女性を大切にするように彼女や女友達と思い接してみましょう。
その子にいくらかけたかによって、好かれるスピードが変わってくると思います。

興味を引くには、人と違ったことをしてみるこれが一番大切です。
女の子に好かれ、お店の外でも会いたいなと思ってもらえたら女性の扱い方に慣れてきた証拠だと思うので私生活にも活かせること間違いなし。
セクキャバを楽しみながら、女の子に好かれるよう頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました