セクキャバで出ちゃう我慢汁はどうすればいいのか?

疑問

世の男たちにとっての「夢の国」のセクキャバ。
セクキャバでは多くの可愛い女の子たちが「おっぱい丸出し」でエッチなサービスを行ってくれます。
そんな時に男としてどうしても気になる問題が、、「パンツの汚れ」です。

つまり、エッチな気分になって溢れ出ちゃう「我慢汁」にどう対応すればいいのか?
今回はこの「我慢汁」について書いていこうと思います。
結論から書いていくと「我慢汁は自己責任で処理をしよう」ということです。
ただ、個人的には「我慢汁が出るくらいにセクキャバは楽しむことが大切」だとも思っています。

それでは、具体的に見ていきましょう。

セクキャバで体験できるサービスはどんなこと?

セクキャバでは一体「どんなサービス」をしてくれるのでしょうか?
セクキャバ初心者の方にご説明していきますと、、まずは、女の子がやってきます。

一緒にソファーに座ってお酒を楽しみます。
暫く雑談します。
しかし、この時点でもう「お、、結構エッチな服着てるじゃん」となるほど、大胆な衣装で接客してくれるのがセクキャバなのです。
もちろん、男たるもの「早く女の子に触りたい」と思うでしょう、、であれば、、ってください。」
そう、「女の子にお触りOK」の飲み屋さんがセクキャバなのです。
エッチな衣装の上から可愛すぎる女の子の体を触りまくり。
もちろん、おっぱいも揉みまくりOKです。

そのまま、ダウンタイムという物がやってくると今度は女の子は「上半身の衣装を脱いで」おっぱい丸出しになります。
もちろん、生乳を思う存分揉んだり舐めたりしちゃいましょう。
セクキャバとは「そういうお店」です!!
ただ、ここからが大切なところ。

セクキャバでは「ヌキ」のサービスはありません。
あなたのイチモツは、エッチなサービスのお陰でズボンの中で破裂寸前まで高まっていることだと思います。
「どうしても、射精したい!!」と思いながらもズボンの中のイチモツはスタンバイ状態のままセクキャバでは終了時間を迎えるのです。
どうですか?

あなたのイチモツからは何らかの液体が出ていませんか?
それは「我慢汁」でしょうか?
男は「破裂寸前のイチモツ」になると間違いなく、我慢汁が出ます。
でも、「射精は出来ない」。

これが、エッチな飲み屋さん「セクキャバ」のサービス内容です。

セクキャバで我慢汁は沢山出しちゃおう!

個人的には「セクキャバでは我慢汁はたくさん出す」ことをおすすめします。
と言うのも、「あなたは何のためにセクキャバに行くのでしょうか?」
もちろん、「エッチな気分を爆発させるため」ですよね?
我慢汁がふんだんに出るということはつまり、「それだけ無茶苦茶にセクキャバを楽しめた」ということになります。
セクキャバで「あーー、楽しみたいけれど我慢汁が気になっちゃって、、」と思われるのであれば「セクキャバには行かない事」をおすすめします。

我慢汁を出しながら「大好きな可愛い女の子のおっぱいを揉める」のがセクキャバなのです。
セクキャバに行ったら「大量の我慢汁を出すこと」をおすすめします。
セクキャバ店の「ルールの範囲内」で女の子にエッチなことを沢山しちゃいましょう。
ちなみにですが、セクキャバでイチモツをズボンから取り出してしまうと「アウト」になります。

公然わいせつの罪に問われ、もし警察がいたらあなたは逮捕されてしまう事になるのです。
セクキャバでは、そういうサービスを行うように営業許可をとっていません。
絶対にイチモツを出してエッチなことをしないようにしましょう。

我慢汁の痕跡から家族バレする危険も

では、「大量に出てしまった我慢汁」。
ここで危険なのは「ご家族がいる男性」です。
あなたが「本気でセクキャバを楽しんで」我慢汁を出しまくれば間違いなく「パンツは我慢汁まみれ」でしょう。
「セクキャバに行ったことが奥さんにバレるとまずい」という男性はかなり注意が必要です。

「あれ?
なんでこんなにパンツが汚れてるわけ?」と奥様のご機嫌をななめにしてしまうこともあるかもしれません。
もちろん、「我慢汁を出さずに」セクキャバを楽しめたら全然問題はないのですが、それでは、十分に「セクキャバを楽しんだ」とは言えないでしょう。

あくまで、「本気で可愛い女の子の体をエッチに触りまくるお店」がセクキャバなのでセクキャバを楽しむのであれば「パンツの汚れ」は必須になります。
裏を返せば「どれだけ我慢汁が出たのか?」=「どれだけセクキャバを楽しめたのか?」という事にもなるでしょう。

それだけ、セクキャバと我慢汁の関係性は高いと思います。

どうすれば我慢汁は出ないのか?

では、どうすれば我慢汁は出ないのでしょうか?
我慢汁を出さない方法があるのでしょうか?

それは、「ありません。」
健康的な男性であれば、みんなエッチな体験をすると、イチモツは勃起して、先から我慢汁は出てしまいます。
射精をすることはある程度「自分の意思」でコントロールできますが、我慢汁だけは誰にもコントロールできないでしょう。

また、エッチな嬢であれば「すごーーい!めっちゃ硬くなってる。」なんて言いながら、プレイ中にあなたのイチモツをズボンの上から触ってきます。
そんなことされて、我慢汁が出ない男はいません。
セクキャバに行って我慢汁を出さないで帰ることは、まず無いと思います。

我慢汁が付いたパンツは自分で処理をしよう

「じゃあ!誰にもバレずにセクキャバに行きたいんだけど無理なのか!?」
そう思われたあなた。

ハイ、無理です。」
セクキャバに行くのであれば誰かにバレる可能性が非常に高いでしょう。
もし、バレにくい行動をしたいと思うのであれば、「プレイ後の着用パンツは自分で洗う事」をおすすめします。

セクキャバに行ったことが奥様にバレやすい人は「普段から全ての洗濯を奥様に任せている人」です。
奥様はあなたのパンツの汚れも見ています。
もし、セクキャバに行ったことが家族バレしたくないと思われるのであれば「パンツは自分で洗う」という事をして下さい。
セクキャバに行くためだけに「パンツを買い替える」というのも有効的かもしれません。

セクキャバ用の使い捨てパンツで戦いに挑めば「どれだけエッチなプレイ」をしまくっても絶対に家族バレすることはありません。
もちろん、ご自宅に帰られるまでにいつものパンツに穿きかえる必要はありますが、「絶対に家族バレしない」のであれば、それぐらい手の込んだことをする価値は十分にあるでしょう。
我慢汁が沢山ついたパンツはきちんと自らの手で処理することを僕はお勧めします。
そこまでしてでも、間違いなくセクキャバに行くメリットは大きいでしょう。

それだけ、楽しい場所なのです。

セクキャバでは我慢汁を思いっきり出すくらいがいい

というわけで今回は「セクキャバに行って我慢汁が出るとどうすればいいのか?」ということを書いてきました。

結論をまとめると、「セクキャバでは我慢汁が沢山出るくらいに楽しもう!」ということと「我慢汁が付いたパンツは自分で何とかしよう!」ということです。
セクキャバで我慢汁が出ないほどしか楽しまない、なんてことはハッキリ言って「お金の無駄遣い」でしょう。
我慢汁が大量に出るほどエッチなプレイを楽しんでこその、セクキャバです。
そんな、「男らしい男」の方が確実に女の子からも好かれること間違いないでしょう。

我慢汁対策をバッチリ行ってセクキャバに行ってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました