セクキャバで嬢の乳首を正しく責めて感じさせよう!

コツ

セクキャバに行くと「おっぱいをいくらでも揉み放題」することが出来ます。
男にとって、女性のおっぱいというのはいつまでも「大好物」の一つになります。
女性のエロさを一番男が感じやすいのがおっぱいなのかもしれません。

そこで、今回はセクキャバに行った時にどうすれば「正しく嬢のおっぱいを責められるのか?」についてまとめていこうと思います。
結論から書いていくと「上手く嬢の気持ちを理解して責めていこう」ということです。
一番NGなおっぱいの攻め方は「嬢の気持ちを考えない無神経な攻め方」です。

それでは、どういった方法が良いのか、具体的に書いていきます。

セクキャバで出来るサービスの流れ

では、セクキャバでは一体どんな流れでサービスを受けられるのでしょうか?
まず、「勇気を持って入店」します。

入り口ではボーイさんが出迎えてくれるでしょう。
ボーイさんには「どれくらいの時間を遊ぶのか?」を告げ、お店によってはここで「写真で指名」を出来る場合があります。
もし、気になる女の子がいれば指名をしてあげましょう。

その後はボーイさんに案内されお店の中へ。
ソファーで暫く待っていると「可愛いくてエッチな衣装を着た女の子」があなたのところにやってきます。
そのまま一緒に座ってドリンクを飲みながら雑談をしましょう。
もちろん、この瞬間から「嬢へのお触りOK」になります。

ただ、「いきなりがっつくようにお触り」するよりは段々と焦らしながら触りまくるのがベストでしょう。
というのも、どうしても男性の方が嬢よりも力が強いです。
あなたは、そんなに乱暴に扱ったつもりは無いかもしれませんが、嬢からすれば「強引で乱暴な男」と思われてしまう可能性もあります。
とにかく、最初は「力加減に気を付けて嬢をお触りして」いきましょう。

その後、お触りに慣れてくると今度は、嬢がおっぱい丸出しであなたの上に跨ってくるでしょう。
そのまま、生乳を揉み放題の時間に突入です。
もちろん、ここで「乳首を責める」こともできます。
そして、その後はあっという間に時間が過ぎてこの女の子とのエッチな時間はお終いです。

というように、「とにかく可愛い女の子のおっぱいを楽しめるお店」がセクキャバになります。
では、嬢の乳首を責めていく上でどんなことに注意をすればいいのでしょうか?

セクキャバ嬢は何人もの男に乳首を触られる

まず、お客としてセクキャバに行った時にあなたに覚えておいて欲しい事があります。

それは、「セクキャバ嬢は1日に何人もの男性客に乳首を触られる」ということです。
恐らく、一人の女の子が1日出勤して10人以上の男性には乳首を触られているのではないかと思います。
もちろん、お客様の中には「色々なお客様」がいらっしゃいます。
優しく乳首を責めてくれる方もいるでしょうし、激しく力任せに責める人もいるでしょう。

と考えると、「嬢の乳首はいつもダメージを受けている状態」であると言えるでしょう。
つまり、今からセクキャバで嬢の乳首を責めるであろうあなたには「嬢の乳首はかなり傷ついているかもしれない」ということを覚えておいて欲しいのです。
もしあなたが、セクキャバ嬢の立場で毎日10人以上のお客に乳首を責められまくっていたら本当に耐えることが出来るでしょうか?
そうやって、自分の事に置き換えてみると、セクキャバ嬢がどれだけ苦労をして仕事をしているのかがよく分かると思います。

出来るだけ「デリケートにお触りを楽しむ」ことをしていきましょう。

セクキャバ嬢の乳首を触るな!と言うのは嘘

では逆に、「だったら、セクキャバ嬢の乳首は触らない方が良いんじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

中には「あまり乳首は触らない方が良い」と言われる方もいらっしゃるほどです。
ハッキリ言わせてもらいます。
それは「」です。
あなたが男性として「魅力的でかわいい女性」を目の前にした時に、「もっとお触りしたい」と思わないことがあるでしょうか?

きっと「ない」ですよね?
可愛い女の子のおっぱいであれば、男なら誰でも触りたいのが本音です。
女の子も「乳首を触られる覚悟」で来ています。
そんな、セクキャバ嬢の乳首を触らないなんてのはセクキャバ嬢に対して失礼だと言えるでしょう。

まずは、とにかく「優しく、力を入れずにタッチしまくる感じでおっぱいや乳首を責める」ことが大切です。
ここで、最悪な攻め方が「力任せにおっぱいや乳首を責めすぎてしまう事」です。
冒頭にも書きましたが、「嬢は今どんな気持ちでいるのか?」をよく考えて「力を入れずに嬢が痛くないプレイ」を楽しんでいくようにしてください。

乳首を優しく責めることは、全く問題ありません。

セクキャバ嬢は乳首で感じる

さらに、重要なお話をします。
「セクキャバ嬢は乳首で感じる」のです。

これは当たり前の事ですが、人なら誰でも「乳首の感度は敏感」でしょう。
あなたも。
乳首を触られて全く感じないという事はないはずです。
それは、「セクキャバ嬢でも全く一緒。」
ただし、女の子には「生理のリズム」という物があります。
男性とは違って、生理周期でホルモンバランスが変わり、「めちゃくちゃ感じやすい時期」と「とにかく痛いだけ」の時期が交互にやってきます。
ここは、「あなたの腕の見せ所です。」
嬢としっかり言葉を交わしコミュニケーションを図って「嬢が感じやすい乳首の攻め方」をしていきましょう。
今日は生理前でちょっとおっぱいが張っていて、痛いかも、、」と嬢が言っているのであれば、とにかく優しくおっぱいや乳首を扱ってあげればいいでしょう。
また、試しに触ってみて、表情をよく確認しながらおっぱいや乳首を責めていくべきでしょう。

セクキャバ嬢は「乳首では全く感じない」と言われることもありますが、そんなことはありません。
セクキャバ嬢が「乳首で全く感じない」のではなく、「あなたの触り方やコミュニケーションが下手だから感じていない」のです。
セクキャバ嬢も「乳首で絶対感じる」ようになっています。

乳首を上手く扱う男は好かれる

セクキャバで「嬢に好かれる方法」があります。
それは、「嬢の乳首を上手く扱う男になる」ということです。
ぶっちゃけ、「乳首を責める」という行為は誰でも出来る動物的な行為。
エッチな経験が少ない男性でも、誰でも問題なく出来るでしょう。

ただ、「乳首を上手く扱う事」は、それなりに女性経験が豊富な男でなければ出来ないものです。
例えば、エッチな経験が少ない男性は「何を見てエッチな勉強」をするでしょうか?
おそらく、殆どの男性は「AV」を見ながら「ほーー、セックスってこうやるのか。
乳首ってこれぐらいの強さで触ったらいいんだ、おっぱいって、こんなに強く揉みしだいたら感じてくれるんだ。勉強になるな。」
と言いながら、エッチな勉強をするでしょう。
しかし、この「AV」の中での行為は「一部」間違えています。

AVの中で男優さんが「力強く」おっぱいや、体を責めていたりしますが、実はそんなに力を入れずに女性を転がすように扱っていることが殆どです。
映像では「かなりハードにプレイ」をしていますが、女性の体調であったり、その場の雰囲気を大切にして「プロのAV男優」としてプレイをしているので女優さんは気持ちよく感じているのです。
AV男優と同じようなことを、セクキャバで「初めて会った女の子」に行ったとしても、「気持ちよくなってもらえない事」が殆どでしょう。
なので、おっぱいを揉んだり、乳首を優しく触ったりしながら、「痛くない?大丈夫?」と聞いて「嬢の事を思いやった触り方」をするのがベストです。
女性と言うのは「男性から思いやられること」で安心します。
あなたと良好な関係を築くことが出来れば、ちょっとハードな乳首の攻め方をしても「感じやすくなる」でしょう。

とにかく、「相手を気遣った攻め方」をするようにして、乳首を上手く扱う男になりましょう。

キスと乳首攻めを丁寧に行う!

セクキャバで大切なことは「嬢の事を思いやってプレイをする」ということです。
という事は、「丁寧で繊細な攻め方」をするのが第一条件となります。

さらに、セクキャバではキスをすることもあるでしょう。
嬢によってはキスはNGという嬢もいるかもしれませんが、基本は出来ます。
セクキャバでは丁寧に、キスやおっぱいの愛撫を行いながら嬢を気持ちよくさせるのがコツです。
その為にも、「沢山のお客にいじられまくってダメージを受けている乳首」よりも、先に「乳輪の部分」から焦らして責めていくこともおすすめです。

女性と言うのは「いきなり乳首を責められるよりも」段々と、焦らされてやっと乳首にたどり着く方が気持ちよさを感じやすい物です。
また、ディープキスを絡めながらおっぱいや乳首を「フェザータッチ」で愛撫するのがおすすめです。
フェザータッチで「乳首を不用意に傷つけてしまうこと」も防げますし、なにより、「焦らす」効果があるためです。
ここでも、きちんと「大丈夫?痛くない?」などと嬢としっかりコミュニケーションを図って「わあ、このお客さんやさしくて紳士的で素敵。」と思われるようにしてきましょう。
セクキャバ嬢を気持ちよくさせる乳首の攻め方のポイントは「繊細さ」と「丁寧さ」だと言えるでしょう。

きちんと、コミュニケーションを図って丁寧に責めていけば、あなたへの信頼が高まる事間違いないでしょう。

セクキャバでは嬢の気持ちをよく考えて乳首攻撃しよう!

というわけで、今回は「セクキャバ嬢の乳首を責める正しい方法」について書いてきました。
セクキャバ嬢の乳首は毎日の「戦争」のような仕事で疲弊しきっています。

確実に、「あなたのような紳士的なお客に癒されたい」と悲鳴を上げているはずです。
あなたが、心の底から嬢の事を思い、優しく接して行けば間違いなく嬢はもっともっと感じてくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました