セクキャバの店探しで気を付けたいポイント5選!

コツ

セクキャバというと、男の性欲のハケ口となってくれる大切な場所です。
地域によって、オッパブ、ピンククラブ、など呼び方は様々ですが共通して言えるのはおっぱいを触ることが出来るということです。
どこのお店でも一緒でしょ?」と思う人もいると思いますが違います。
では、初心者の方向けにセクキャバ店を選ぶ時に気を付けたい点を紹介するのでチェックしていきましょう!

情報サイトを活用してリサーチ

最初に、どんなお店があるかについてですがキャバクラよりは店舗数や出店エリアが限られてくるのでそこを調べましょう。

「何を使って調べたら分からないよ?」という人の為に、風俗情報サイトをいくつか紹介します。
1つ目は、「ナイツネット」です。
日本全国の、キャバクラからソープまで風俗に関することが掲載されている大型風俗サイトです。

大きい店であればこのサイトに殆どのお店が掲載されています。
2つ目は、「Heaven」です。
Heavenは、ナイツネットと同じく大型風俗サイトなのですが同時にコンビニや書店などで雑誌も発刊していてクーポンなどが付録で付いてくるので通常より安く楽しみたいと思う人にオススメです。
雑誌、サイトどちらでもお店によっては割引が適用されるのでチェックしてみて欲しいです。

ハッスル系?まったり系?かリサーチ

次に、セクキャバにもお店のタイプが色々あります。

大きく分けると、ハッスル系とまったり系に分けることができます。
何が違うのかというと、ハッスル系は店内でノリノリの音楽が店内で流れていてお店によって「おさわりタイム」「ゴーゴータイム」などと呼ばれるサービスタイムが存在して付けている上着をとっておっぱいがポロリした状態で客の膝の上に乗ってディープキスをしたりおっぱいを揉んだり、吸わせたりといった過激なサービスを提供することが特徴です。
その変わりに、サービスタイム中以外は触ってはいけないという規則があったりします。

対して、まったり系のお店は店内で流れているのは邦楽などの落ち着いた音楽が流れていてうるさいのは嫌いだという人や静かに楽しみたいという人におすすめです。
ハッスル系のお店との違いは、これもお店によってまちまちなのですが服を着たまま上から又は服の中に手を突っ込んでおっぱいを触るというシンプルな感じです。
ディープキスやおっぱいを直接触ったりしたりということはできないので注意が必要です。

パネルマジックには気を付けろ!

お店の系統が決まった所で、次は肝心な女の子選びです。
どうせおっぱいを触るのなら、かわいくて自分好みな子がいいですよね?
どんな子がいるか分からない状況で、お店に入るのは自殺行為なりかんません。
せっかくお金を払ってサービスを受けるのでリサーチしましょう。

ナイツなどの情報サイトを使って、顔写真が掲載されていて女の子がブログなどを書いているサイトがオススメです。
なぜ顔写真だけなのはよくないかというと、今の時代パネマジ(画像加工)が施されしわやシミなどを消すことなどの加工ができるからです。
女の子が、ブログを書いていて自撮り写真を載せている場合は多少の加工はあるかもしれないですが大きく加工されていることがほぼないのでブログがあるお店を選ぶようにしましょう。
インターネットサイトで、女の子の写真、ブログのどちらも載っていないサイトは極端に年の行った人や可愛いい女の子がいない可能性が高いので避けるのが懸命です。

お店のシステムをしっかり把握

お目当ての女の子が決まった所で、次は料金や女の子がどのようにつくのかなどお店のシステムを把握しましょう。
セクキャバ店の殆どは、前金制のお店が殆どですが中には後払いでぼったくられる可能があるので注意が必要です。
私の友人の話ですが、60分で1万円ぽっきりですよと客引きされてお店に入って飲んでいざ退店しようとしたところ料金が総額で6万円ということがあったそうです。

これは何でそうなってしまったかというと、セット料金は1万円ですが女の子の指名料、お酒の代金、おつまみの価格設定が高くなっていて会計が高くなってしまったのです。
お店と客のトラブルの場合、民事不介入という警察のルールがあるので泣き寝入りをするしかないので注意が必要です。
その他に注意したいのは、延長料金はいくらなのか?
女なの子はマンツーマンなのでセミマンツーなのか、指名料の有無、サービス内容の確認です。

お店側も、回転率をあげなければいけないのでマンツーマンを補償するには追加で料金を払ってくださいというように色々と出費が増えるのです。
サービスについても、ハッスル系とまったり系で紹介しましたがお店によって違いってくるので確認が必要です。
禁止行為をした場合、強制退店および出入り禁止にもなりかねないので注意しましょう。

爆サイやホスラブをつかってエゴサーチ

最後に、お店が決まったらどんな女の子なのかということを事前にしっておきたいですよね。
そういう時に使えるのは、「爆サイ」「ホスラブ」です。
有名店などは、専用のスレッドが立っていてお店の雰囲気やボーイがどんなのでなど大まかな情報を知ることができます。

人気嬢になってくると、個人名のスレッドが立っていたりするのでその子がどんな性格でどういうサービスをしてくれるのかなど知ることが出来ます。
しかし、インターネットの情報には嘘の情報が載っていることもあるので全てを鵜呑みにせずかくまで参考にする程度にとどめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、セクキャバ店の店探しで気を付けたいポイントをまとめてみました。
お店によって、サービス、料金体系、女の子の質が変わってくるのでセクキャバを楽しもうと思っている人は後悔しないようしっかりとリサーチするようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました