セクキャバはどこまで出来るのか?

疑問

「今日は思い切って風俗に行こうかな!」と思っていたけれど、、、よく考えると給料日前。
手持ちの軍資金も心もとないので今夜は「セクキャバ」で可愛い女の子といちゃいちゃ楽しんじゃおう!
ということでキャバクラ以上ヘルス未満のお店「セクキャバ」ではどこまで出来るのか?
を今回はまとめていきます。
結論から書いてみると、「セクキャバはヌキは無いけどおっぱいを揉んだりキスはOKが殆ど
ということです。
世のサラリーマンの欲望を満たしてくれるセクキャバについてみていきましょう!

セクキャバ、おっパブ、キャバクラ、それぞれの違いは?

セクキャバと似たよなもので「おっパブ」や「キャバクラ」があります。
一体この3つの業態はどのように違うのでしょうか?
まずキャバクラは「女の子にお触り禁止」です。
そして「おっパブ」はセクキャバと一緒のお店です。
キャバクラもセクキャバも同じ「お酒を楽しむ飲み屋さん」なのですが、大きく違うところは「女の子に触ってもいいか悪いか?」の違いと覚えておいてください。
キャバクラで女の子に触るとめちゃくちゃ嫌がられますし、ボーイさんがやってくるかもしれません。

セクキャバでは「女の子の体に触れる事」ができます。
もちろん、「おっぱいにもOK」です。
ただし、下半身はNGとなります。
下半身に触ろうとするとものすごい勢いでガードされるはずです。

酷い時にはこれまた「ボーイさん」がやってきて強制的に退店させられる可能性もあります。
セクキャバは基本的に「女の子のおっぱいを触って楽しむお店」なので触れるのは上半身のみなのです。
ちなみにキスもOK
ただし、お店や女の子によってどこまでOKかは異なりますので来店時に確認するのがいいでしょう。

セクキャバではお会計も明瞭になっていることが殆どで、「50分が〇〇円で飲み放題あり」とか「キャスト(女の子)の1ドリンクが〇〇円と」決まっています。
キャバクラのようにめちゃくちゃ高いお酒を一気に開けたりしないので懐事情に寂しいエロサラリーマンの強い味方となっているのです。
おっパブはセクキャバとイコールだと思っておいてください。
と、このようにセクキャバ、おっパブ、キャバクラには違いがあります。

セクキャバにいる女の子はどんな女の子なのか?

「セクキャバで働いている女の子ってどんな子なんだ?」
と疑問に思われることはありませんか?

セクキャバで働く女の子は「かなり素人に近い風俗嬢」です。
もしくは「キャバクラで働きたかったけれど合わなかった女の子」でしょう。
つまり「かなり普通の女の子」が働いている可能性が高いのがセクキャバという事になります。
もし、セクキャバの稼ぎで満足できないのであれば「デリヘルやヘルス」などのもっとハードな風俗店に勤めるでしょうし、キャバクラで物凄く稼げるのであればキャバクラで働くでしょう。

風俗とキャバクラの中間の「セクキャバ」が一番効率的に稼げるし、エッチなことをあまりしなくていいと思っているのでセクキャバには「普通の女の子」が集まりやすいのです。
ということは、「風俗業界にあまり慣れていない女の子が多い」と言えるので、かなり素なリアクションを楽しめるお店がセクキャバだと言えるでしょう。

セクキャバで遊ぶときに気を付ける事

セクキャバで遊ぶときに一番気を付けたいことは「とにかく乱暴にNG行為をしない事」です。

かなり当たり前の事なのですが、お酒も入ってエロスイッチが入った殿方たちは間違いなく「暴走モード」に突入します。
そこで最低のNG行為を連発しまくると完全に女の子に嫌われてお店からも嫌われます。
紳士的にルールを守って遊ぶことをセクキャバで遊ぶときに一番気を付けたいですね。
ルールの中にもあるのですがセクキャバでイチモツを出したり触らせたりすることはNG。

ついつい興奮してイチモツを出したくなるでしょうが紳士的にグッと我慢をしましょう。
同じように女の子のアソコを触りに行くのはNGです。
強い力でガードされてしまうし、あまりにしつこく触りに行くとボーイさんを呼ばれてしまう危険もあります。
常に紳士的な対応で美味しくお酒を楽しみながら「可愛い女の子と会話を楽しむお店」だと認識したうえでセクキャバで遊ぶことをおすすめします。

ぶっちゃけセクキャバでどこまで出来るのか?

セクキャバではぶっちゃけどこまで出来るのでしょうか?
これは前述している通り「上半身のお触りとキスのみ」です。
しかし、お店によっては「下半身を触るのもOK」というお店や「アソコに指を入れてもOK」というお店もあります。

その辺りはお店によってかなりルールがまちまちなので入店時にきちんと確認をしておく必要があるでしょう。
キスも基本的にはフレンチ・キスからディープキスまで楽しめますが、女の子によっては「あまりハードなキスはNG」とする女の子もいます。
生のおっぱいも乱暴に触ったりすると嫌がられますし、乳首を強くつまみすぎたり歯で噛んだりするのも嫌がられますのでやめましょう。
(沢山のお客様を相手にする商売道具ですからそりゃそうですよね)

セクキャバでは「上半身を紳士的に触って楽しむくらい」にしておくのがおすすめです。

セクキャバでより女の子と仲良くなるには?

セクキャバでは基本的に「アフター」というものがありません。
アフターとはキャバクラなどで女の子の仕事が終わった後に別のお店で飲みなおしたりホテルの部屋でゆっくり飲んだりすることです。

キャバクラではこういった「アフター」などを入れて優良なお客を掴むのがキャバ嬢の常とう手段ですが、セクキャバにはそのアフターがありません。
ということは、もしセクキャバで女の子と仲良くなろと思うと「店内でどれだけ近づけるか?」が勝負になってきます。
とにかく「この男の人カッコいいし、紳士的だし、口臭もしないし、ルール違反しないし、会話もスマートだし、、すてき。」と女の子に思わせなければ女の子と仲良くなることは出来ません。
とにかく「決められたルールの中で」遊びましょう。
そして、セクキャバでは「キス」もしますから、最低限お店に行く前に歯磨きやマウスウォッシュをしておくことをおすすめします。
香水なんかで爽やかな匂いにしておくのもアリと言えます。

また、アフターがない分気に入った女の子を「場内指名」したり、「事前にホームページなどで確認して予約していく」というのも一つの方法です。
指名を入れてあげることで女の子の給料は上がっていきます。
「わあ!このお客さん、お金払ってくれて超好き!」
となるのです。

また、「〇〇ちゃんとってもかわいいから好きになっちゃった。」とか言いながらLINEの交換でもして積極的に「店外デート」に誘ってみてもいいでしょう。
もちろん、初めての来店でそこまでは難しいかもしれませんが、何度も通っているうちに女の子も「優良なお客様」を逃したくないあまり、店外デートで積極的に仲良くなってきてくれるはずです。
そうこうしているうちに「もっと大人な関係に」もなれちゃうかも?

セクキャバのどこまで?はお店によって違うので確認を!

というわけで今回は「セクキャバはどこまで出来るのか?」について具体的に書いてきました。

とにかく上半身だけ触れるというのが最低限のルールですが、あとの細かい決め事は「お店によって千差万別」ですので入店時に必ず確認しておくのが大人のマナーだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました