セクキャバってなにする所?流れを紹介!!

疑問

セクキャバ(ピンククラブ・おっぱぶ)って何する所?
と初心者だと思いますよね。

簡単に言ってしまうと、お金を払って女の子のおっぱいを触ったりキスをしたりする場所です。
あとは、普通のキャバクラの何の遜色もありめせん。
今回は、セクキャバの一連の流れを初心者でもわかりやすく紹介しますのでチェックしてみて下さい。

システム説明・料金支払い

最初に、店内入り口で料金を前払いします。
普通のキャバクラと一緒で、大体のお店が夜の7時くらいから営業なのですが人が少ない8時までの入店が料金安めに設定されていて8時以降から料金が徐々に上がるようになっています。
基本は、風営法で夜の12時以降は営業できないようになっているのですがたまにそれを守っていないお店もあったりします。
入店の際に、ボーイから店内での注意事項の説明があります。

これも、お店によってルールが違うのですが下半身のおさわりや暴力を振るうなどは勿論してはいけません。
女の子に嫌わればかりか、場合によってはお店側から罰金や出入り禁止などの措置が取られることがあるのでルールは必ず守りましょう。
あと、もう一つ気を付けたいのは料金が前金制じゃないお店です。
何故注意した方がいいかというと、サービス料は「1万円ぽっきり」です。

などとうたっていても、退店時に莫大な料金をぼったくられる可能性があるからです。
なぜそんなに高くなるかというと、指名料やおつまみ、お酒の料金設定を高くしている為メニュー表を見ず注文したことによりそういうことがおこるということがあるからです。
お客さんとお店側の料金トラブルについては民事不介入なので警察が介入することができないので料金を支払い泣き寝入りすることが殆どです。
注意しましょう

女の子と楽しく会話

料金を払ったたら店内に入店です。
店内は、普通のキャバクラよりかは証明の明るさが絞られています。
風俗店なので、雰囲気を出す為にというのと暗くすることで女の子の肌荒れや化粧が厚いのをごまかすという意味もあります。

席に付くと、基本は一人のお客さんに対して1人女の子が横に付くのが一般的です。
ハッスル系やまったり系などお店の、形態により異なるのですがおっぱいを出した状態又は服の上からおっぱいを触りながら会話を楽しむことができます。
ビールや、焼酎などはセット料金に含まれていて飲み放題というお店が多いです。
セクキャバで働いている女の子は、キャバクラで働いている子よりエッチなので下ネタガンガンのトークがOKという子も結構いるので前座として下ネタトークをして盛り上がるのも一つの楽しみ方だと思います。

接客業なので、しゃべるのが苦手という人も安心して下さい。
横に付いた女の子が話題を振ってくれたりします。
野球などのスポーツ観戦の話や、自分が好きなアーティストのライブの話や、芸能人で誰が好き?
などの世間話をして場をつなぐ努力をしてくれるので心配をすることはないでしょう。

ただ一つ気を付けて欲しいのは、普通の女の子と一緒でプライベートに該当する深い話や彼氏とかいるのとか経験人数は何回などの初対面の異性に対していきなりそれは聞かないだろうということを話題にするのはやめましょう
自分が、女の子の立場になって考えてみてください。
いくら仕事だとはいえ、初対面の見ず知らずの人から同じようなことを自分に聞かれた
ら嫌ですよね?

自分が聞かれて嫌なことや、されて嫌なことは女の子にしないようにしましょう。
もし、次もその店に行くってなった時にお店側からも女の子からも要注意人物として目を付けられた場合他の客よりサービスが悪くなったり最悪の場合出入り禁止なったりということにもなりかねないので注意しましょう。

女の子が気に入ったら場内指名

キャバクラと同じように、例えばですが60分ワンセットで指名する女の子がいない場合お店側は2~3人の女の子を均等な時間に区切って客の隣につける回転というシステムを取ります。

何故、お店側がこのように回転をさせるのかそれは沢山の女の子と喋ってもらい自分に合うと思った子を指名してもらえるようにお試しタイムを設けているからです。
会話をすることで、容姿・性格・おっぱいの大きさや形などが気にいたったりした時に隣について欲しいな思う女の子を指名しましょう!お店によって、指名料が無料であったり1000円~2000円かかったりすることがあるのでこれについても確認が必要です。
お店に初めて来たお客さんの場合は、基本的に場内指名が一般的ですがリピーターになって次にお店に来た時は入店する前に受付のボーイさんに「○○ちゃん指名で」と伝えましょう。
女の子を指名することで、延長した次のセットからは他のお客さんと女の子の指名が被らない限り隣に指名した女の子が付くようになります。

他には、サービスタイム中にその子とディープキスが出来たりハグをしながらおっぱいを揉なんだりなど指名をしたからこそできるサービスもあるので場内指名というシステムを使って気に入った女の子とセクキャバでの時間を楽しみましょう。

一緒にいたいならワンドリンク入れよう!

場内指名をして気に入った女の子と飲んでいたら、女の子がボーイさんに話しかけられ自分の前から離席することに。
変わりに、ヘルプの女の子が付き場を繋ぐことに。

指名をしたのに、何で違う女の子が付くの?」と初心者の人だと思かもしれません。
無理はないですよね、指名をしているのに違う女の子が付くのはおかしいとお客さんなら思いますよね。
これも、理由が実はあります。

それは、女の子はキャストでありお店側からしたら商品なのです。
お酒も商品ですが、セクキャバは女の子のおっぱいを触ったりディープキスをしたりして楽しむ風俗です。
お店側としては、沢山お金を使ってくれるお客さんの横に指名の女の子を付けて少しでも長い時間居られるようにして飲み物やシャンパンなどを降ろしてもらいお金を沢山落として欲しいというのが本音です。
初見さんよりも、足しげく通ってくれている常連でお金を落としてくれるお客さんを優遇するのが普通ですよね。

なので、初めてお店にいって女の子が隣に付いている時間が短いと思うかもしれないですが指名した女の子が人気嬢だった場合誰しも遭遇することなので我慢しましょう。
回転についての豆知識ですが、多いパターンとしては店で一番かわいい子を回転の最後に持ってきて場内指名をさせて延長を促すという手段を取ることが多いので事前にインターネットで調べてどんな女子がいるかを調べてお店に入る前に指名してみるというのも一つの手段です。

サービスタイムを一緒に楽しむ

セクキャバと言えば、サービスタイム(ハッスルタイム、ゴーゴータイム)を楽しむのが醍醐味です。

ディープキスをしたり、おっぱいをなめたり、乳首をこねくり回したりして日ごろ溜まっている性欲を開放しましょう!
お金を払っているのですから、何も恐れることはありません(笑)。
これもお店によってですが、指名している女の子とのみ過激なサービスが楽しめるというルールがあったりするので注意しましょう。
フリーで指名なしの場合は、おっぱいを触ることができても服の上からであったり過激なサービスがなかったりということも十分ありえます。
また、セクキャバのベテランキャストの女の子になって来るとドリンクを入れてくれたお客様だけに過激サービスをしてくるという上級なテクニックを使ってくる女の子がいるので指名をするのであれば新人さんや歴が短い女の子を狙うことがオススメです。

少しでも、安く楽しみたいのであれば頭に入れて欲しいです。

チークタイムは終わりの合図

盛り上がってきて、楽しい雰囲気になって来たな?
これは一発やれちゃうんじゃないか!と思ったあなた完全に術中にハマっています。

セクキャバは、セックスに行く前の前座部分を楽しむ場所です。
間違っても、ヤれるなんてことはりません。
楽しい時間はあっという間です。
1セットが終了しようとしています。

すると、店内ではドラマのエンディングを迎えるかのような悲しい曲又は暗い曲が流れ始めます。
「膝の上乗ってもいいかな?」女の子が上に乗ってハグをしたらそれは終わりの合図です。
チークタイムと言って、スーパーでいうホタルの光のような物です。

楽しい時間はあっという間で終わりを迎えます。
膝の上から降りた時、ボーイさんが「お時間ですが延長はどうしいたしますか?」と聞きに来ます。
その時に、もっと楽しみたければ延長、満足したのなら退店です。

決めるのはあなた次第なので、嬢やボーイさんに流されることなく決断をしましょう。
ここで注意したいのは、ぼったくり店で昔友人が経験したことなのですが終了時間になっても声掛けをせず勝手に自動延長するお店もあるようです。
おかしいなと思い、ボーイに聞いた所「3セット分の料金になります。」と請求をされ泣く泣く料金を払ったことがあったようです。

お店によっては、声掛けをしてくれない所もあるので注意しましょう。

連絡先を聞いちゃおう!

最後に、これは番外編ですが気に入った女の子がいた場合リピートすることもあると思うので連絡先を聞いておきましょう。
その子がいない日に、お店に行くということがないようにするのとlineやメールで日ごろからやり取りをしていればもしかしたらプライベートで会えちゃったりということもあるかもしれませんよ!ですが、これも注意が必要でお店によっては店外デート、連絡先を交換するという行為が禁止されている場合があります。

これは、何でダメなのかというと店外デートをしてしまうとお店にお客さんが足を運ばなくなりお金を落としてくれなくなるのと店外で性行為をして店を通さず直引きとなりお店にお金が入らないのを恐れてやっている場合が殆どです。
もし、ルールで決められていてそれを破り外で会った場合キャストの女の子は勿論、お客さんのあなたも処罰を受けることになり出入り禁止プラス罰金を50万円~100万円払えということもなりかねないのでリスクがあるということも頭に入れておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、セクキャバの一連の流れについて紹介しました。
あくまでも、おっぱいを触ったり、ディープキスをしたりして性欲を満たす場所なのでお店が禁止している行動をとることはやめましょう。
セクキャバは、風俗であり綺麗に遊んで楽しく過ごす所です。
深入りは禁物です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました