セクキャバで嬢と同伴をするメリットとは?

コツ

セクキャバで「同伴」をしたことはありますか?
夜の世界では「同伴」ということが頻繁に行われています。
それは例えば「キャバクラ」などの「水商売」では「同伴をしなければお客に気に入ってもらえない」からするもの。

では「セクキャバ」も夜のお店の一種です。
当然ながらセクキャバでも「同伴」はあります。
しかし、キャバクラほど同伴をするメリットは大きくないのが現状でしょう。
それでも、セクキャバで同伴をするメリットという物があるのでしょうか?

今回の記事ではその辺り「セクキャバで同伴をするメリット」について記事を書いていきたいと思います。
結論から言うと「セクキャバで同伴をして嬢と仲良くなってもいいけれどすぐすぐにメリットがあるものではない」ということです。
キャバクラでの同伴と違ってセクキャバでの同伴はそんなにいい物では無いのかもしれません。
もちろんあなたの「資金力」に余裕があれば肉体関係に発展することもありうるかも?

それでは具体的に書いていきましょう。

セクキャバ嬢はどんな仕事をしているのか?

まず、セクキャバ嬢との同伴をイメージする為にも「セクキャバ嬢は普段どんな仕事をしているのか?」から見ていきましょう。

セクキャバ嬢のサービスの流れはこちら。
「来店したお客様と会話」→「ドリンクをおねだりする」→「お酒を飲みながらおっぱいや体を触らせる」→「下半身はNGでもよりエッチな状態に見せる」→「ダウンタイムなどを利用して生乳を揉ませる」→「別のお客様に異動」→・・
と、この繰り返しをしているのがセクキャバ嬢のお店での仕事です。
ちなみにセクキャバやキャバクラでは「場内指名」というものがあり、お客様が「気に入った嬢を自分のところに指名して呼べるもの」です。

もちろん指名が入ると嬢の給料にも幾分かバックが入るので嬢は「指名を受ける事」で非常に喜びます。
なので「下半身を使っての攻撃」はNGですがより自分のエッチな体を使って「お客を興奮させるプレイ」をしまくって来るのです。
他の嬢よりも自分事を多く指名させたいのでライバル意識むき出しでエッチなサービスを繰り広げる場所が「セクキャバ」だと言えます。
そんなお店でセクキャバ嬢は毎日働いているのです。

キャバクラとセクキャバの大きな違いは「エッチなことがあるか無いか」です。
セクキャバでも「ヌキ」のサービスは無いですが、おっぱいや上半身は触り放題。
なのでお客様はセクキャバ嬢に対して「ひょっとしたらお店の外ではもっとエッチなことが出来るんじゃないか?」と幻想を抱きやすいと言えるでしょう。

セクキャバ嬢がどうして同伴を誘ってくるのか?

セクキャバ嬢の中にはやたらと「今度同伴しない?」と同伴を誘ってくる女性がいます。
どうしてこういったセクキャバ嬢は同伴を誘ってくるのでしょうか?

それは「同伴を取ると給料が良くなるから」というものと「今後の嬢のお店からの評価が高くなるから」という事があります。
お客の立場からすると「お!この女の子俺に気があるのか?」とよからぬ妄想を掻き立てられますが、殆どの場合そうではありません。
「あなたを金づる」だと思っているのです。

しかも、セクキャバ嬢がお客様と同伴をしたがるメリットがもう一つあります。
それは「お客様であるあなたともっと親密になりたいから」ということです。
ただし、勘違いしてはいけません。
「親密になる=肉体関係を持つ」ではありません。

「親密になる=もっと指名をさせたい」ということなのです。
セクキャバ嬢がもし「異常なほどに同伴を誘ってくる」のであれば間違いなくあなたは「カモ」にされている可能性が高いと言えるでしょう。
しかし、そこはあなたもうまく利用すべきで、「本当に気に入った嬢とのみ」だけ同伴を楽しみましょう。
嬢のペースに踊らされてむやみやたらに「お金を使わせられない工夫」が必要になります。

セクキャバ嬢がなぜ同伴をしたがるのかというのは「もっとお金が欲しいから」。
これ一択です。

ずばりセクキャバ嬢と同伴をして肉体関係に発展するのか?

では男としては非常に気になる事を書いていきます。

「セクキャバ嬢って、店ではおっぱい触らせてくれるんだから同伴したらセックスもしてくれるんでしょ?」
そう本気で思って同伴をしまくろうとしているあなた。
それは非常に甘いです。

セクキャバでどうしてセクキャバ嬢が「おっぱいを触らせてくれる」のか分かりますか?
ずばり、「お金の為だけ」です。
セクキャバ嬢はあなたに興味があるのではなくて「あなたの持っているお金」に興味があるだけだと言えます。
つまり、「頑張ってハードなサービスを提供してもっと自分を指名させたいだけなのがセクキャバ嬢の本質」です。

同伴などの「店外で会うパターン」を作ったとしても基本的には「このお客様にどうやってもっと私に貢がせるか?」しか考えていません。
エッチな言葉であなたのことを興奮させてくるかもしれませんが、セックスがしたいなどとは誰も考えていないのです。
もちろん、「実際に肉体関係になる嬢」もいないことはないですが、そこまでの関係になるまでに間違いなく「多くのお金」をつぎ込んだお客様のみがなれると言えるでしょう。

普段からエッチなサービスを提供しているセクキャバ嬢ほど「肉体関係に発展するハードルは高い」と覚えておきましょう。
セクキャバ嬢に「本気で内面を気に入ってもらえたお金持ちの男のみ」が肉体関係を持つことを許されます。

セクキャバ嬢と同伴して行くべきところはどこか?

では、セクキャバ嬢と入店前に同伴をするとして「どんな場所」に行けばいいのでしょうか?

あなたは「同伴をする」というだけでかなりエッチな妄想を持って嬢と会うかもしれませんが冷静に考えて「セクキャバ嬢は今から仕事」です。
そんな緊張感張り詰めた状態のセクキャバ嬢があなたに簡単に身を許すでしょうか?
もしそこであなたと肉体関係を持ってしまえばあなたは今から「絶対に店には来てくれないし自分も出勤しづらくなる」と思いませんか?
なので「同伴=エッチな場所に行く」というのはNGです。

同伴で行く場所に適しているのは「恋人と一緒にデートをするようなところ」だけでしょう。
例えば行きつけの居酒屋に行って二人で恋人気分を味わう。
とか、ちょっと奮発して回らない寿司屋に行って「俺はデキる男なんだぞ」ということをセクキャバ嬢にアピールする。
など、とにかく「普通のデートスポット」に行くようにしましょう。

さらに、セクキャバ嬢が嫌がるであろう場所が「完全に二人きりになる個室」です。
あなたの頭の中には「この女の事セックスしたい」が渦巻いているのは相手にまるわかりでしょう。
そんな野獣のような男と完全に個室になる場所には行きたがらないのが普通だと思います。
カラオケボックスやホテルの一室などにはセクキャバ嬢はなかなか行きたがらないと言えます。

何度も繰り返しますが、セクキャバ嬢は「あなたと肉体関係を持ちたい」とは全く思っていないのです。
もしあなたの「野獣のような性欲」が爆発して個室の中で襲われてしまってもセクキャバ嬢の事を助けてくれるボーイさんはその場所にはいません。
なのでお店の方からも「同伴しても二人きりの完全な個室には行くな」と硬く言われているはずです。
さらには「同伴は禁止」としているお店も少なくないでしょう。

セクキャバ嬢と肉体関係を持ちたいなら同伴よりもアフター?

それでも何とかして「セクキャバ嬢と肉体関係を持ちたい!」と考えているあなた。
あなたにお勧めなのは「同伴よりもアフター」です。
「同伴は今から出勤する状態の嬢」ですが「アフターは仕事が終わってからのリラックスした嬢」です。

ラストまで彼女の事を指名してお店で散々楽しんだ後に「アフター」をしてくれればかなり「肉体関係の状態」に近づいているかもしれません。
ただし、ここに大きなハードルがあって多くのセクキャバでは「アフターは出来ない」となっているのです。
というのもお酒を飲んだ後の「男と女の二人」がなにをしたくなるのか?
は誰にでも察しがつきます。

お店側として最大限に守らなければいけないことは「セクキャバ嬢を気にっているお客とセクキャバ嬢が直接関係を持ってしまう事」です。
セクキャバ嬢がそのお客と個人的に関係を持ってしまうと「お店の売上は激減」
「人気セクキャバ嬢もお店に集中しなくなる」
「お客の間に悪いうわさが広まる」。

などなどの弊害がお店に集中してしまうと言えるでしょう。
などなどの理由で多くのセクキャバ店では「アフターを禁止」しています。
ただ、あなたが何度も同じセクキャバ嬢を本指名しまくってずっとお店に通い続けていたのならば、セクキャバ嬢個人とアフターの約束を取り付けることは出来るかもしれません。
セクキャバ嬢も「一人の女の子」です。

胸の内に抱えた様々な悩みを受け止めてくれる男性は必要でしょう。
あなたが何度もその女の子のところに通っていてそれなりの信頼関係を築いていたのであれば「お店に絶対バレないようにアフターをする」ということは出来ます。
もちろん、そこから先はお店で決められたルールなどは関係なくなるので「二人きりでホテルの一室」にいってあんなことやこんなことをするチャンスは十分にあるでしょう。
というわけで本気でセクキャバ嬢と肉体関係を持ちたいと考えているのであれば「同伴で狙うよりハードルの高いアフターを狙う方が確実」だと言えるでしょう。

セクキャバ嬢はどんな同伴をしてくれるお客を好むのか?

セクキャバ嬢は「同伴は全くしない」ということはありません。
あなたが「同伴するのにふさわしい」と感じた男であればかなり気軽に同伴をしてくれるでしょう。
ではセクキャバ嬢は「具体的にどんな男性との同伴」を好むのでしょうか?

まずは「清潔感のあるスタイルの男」です。
服がダサかったり、よれよれだったり、髪型がぼさぼさだったり体臭や口臭が酷い男とは同伴はしてくれません。
なぜなら「こんな気持ち悪い男とデートしてるところなんて絶対に見られたくない」と思うからです。
もし嬢と同伴をして仲良くなりたいのであれば常に「男として自分を磨いておくこと」が重要でしょう。

そしてもう一つの同伴の条件が、「お金を持っているイケてる男」です。
セクキャバ嬢の目的は何と言っても「お金」。
お金に余裕がある風に見えるイケてる男は確実に「簡単に同伴に誘われやすい」と言えるでしょう。
「この人とデートしたら凄く裕福な時間を過ごせるかも?」と嬢の心を揺さぶり続けられるからです。
セクキャバで同伴をしてみたいのであればそれなりに「稼ぐこと」を意識しましょう。

セクキャバ嬢と同伴をするメリットは?

では「セクキャバ嬢と同伴をするメリット」は何なのでしょうか?

それは「普通の本指名客より上のランクに行けること」です。
同伴の前には本指名を繰り返していくことが絶対になりますが、本指名を繰り返していくうちに「この女の子の事もっと知りたい」となるのが普通の男の気持ちでしょう。
そうした時に「同伴で二人きりの恋人デート」をすることによってさらに互いの距離は縮まります。
もちろん、「お客とキャスト」の関係から「男と女」の関係への第一歩と言えるでしょう。

セクキャバ嬢としては「一人の男性」としてはまだまだ見ていないのかもしれませんが、普通のお客様よりは間違いなく「特別扱いしている」のが同伴を許す客です。
その後の「男と女の関係」になるにはあなたのテクニックだったり嬢への思いやりの気持ちだったり色々あるのでしょうが、セクキャバ嬢と同伴をするということは「お店では見れない彼女の姿」を見ることが出来、二人の関係性を高める大きなきっかけになるでしょう。
それがセクキャバ嬢と同伴をするメリットになります。

セクキャバでは同伴をするよりも店内で遊ぶことがおすすめ

というわけで今回は「セクキャバで同伴をすることのメリット」をまとめて書いてきました。
色々書いてきましたが結論をここで出しますと「セクキャバはいきなり同伴を求めてしまうよりもお店でしっかりと気に入った嬢を指名しながら遊びまくる事」のほうがおすすめなのかもしれません。
もちろん、その「本指名の連続」の先には同伴やアフターでのさらなる繋がりを持つことは出来るかもしれないのは事実です。
しかし、その同伴やアフターを狙う事はあなたの想像以上に難しいのがセクキャバ店の仕組みなのかもしれないと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました