セクキャバで地雷嬢に当たってしまう理由

悩み

セクキャバや多くの風俗店には「地雷嬢」と呼ばれる女の子がいます。
地雷嬢とは「本来のお店のサービスを真剣にしてくれない女の子」のことです。
一言で言うと「問題児」。

では、どうすればこの「地雷嬢」と巡り合わないで済むのか?
地雷嬢はどんな対応をしてくるのか?
などをまとめていきたいと思います。
結論から言うと「どんなところにも地雷嬢はいるのでなんとか関わらない事と、自分の態度を振り返ってみよう」ということです。

それでは具体的に書いていきましょう。

セクキャバではどんなサービスが行われるのか?

では、まずは「セクキャバではどんなサービスが行われるのか?」から振り返っていきましょう。

セクキャバは「女の子のおっぱいを揉み放題の飲み屋さん」です。
正式名称は「セクシーキャバクラ」。
つまり「ちょっとエッチなことが出来るキャバクラ」という意味になります。
キャバクラとセクキャバの違いをご存知ない方に「キャバクラとはどんなもの?」を書いていきますとキャバクラとは「キャバレークラブ」の略で「明瞭な料金設定がしてある高級クラブ」といった感じのイメージです。
クラブですから「女の子へのお触りはダメ」というのが基本のルールになります。
さらにキャバレーのように会計システムも明瞭な為「大衆向けの高級クラブ」という位置づけになるでしょう。
そして、そのキャバクラに「ちょっとエッチな要素」が乗ったのがセクキャバという事になります。

セクキャバでは女の子は「キャバクラよりもエッチな衣装」を着ているのが普通です。
お店によってコンセプトも分かれていて、「ナース」や「女子高生」や「OL」や「素人系」などのそれぞれお店にあった衣装で接客をしてくれます。
セクキャバとキャバクラの大きな違いは「女の子に触れるか触れないか」の違いです。
キャバクラでは女の子に触ることは出来ませんがセクキャバでは「いくらでも触ってOK」なのです。

ただしお触りが出来るのは「上半身」に限ります。
下半身へのアプローチは男女ともにNG行為となっているのでお気をつけ下さい。
もちろん「本番行為」もNGですし、あなたがイチモツを出しちゃうこともNGです。
つまり「ヌキ」のサービスが無いのがセクキャバになります。

キャバクラ以上デリヘル未満のお店だと思いましょう。

セクキャバ嬢が本来するべきこととは?

では、セクキャバの「地雷嬢」の事を見ていく前に「普通のセクキャバ嬢はどんなサービスをしてくれるのか?」ということを見ていきましょう。

セクキャバ嬢はまず「お酒を飲みながら雑談をして雰囲気を和らげてくれます。」お客様は慣れないお店に来て「緊張している」のが普通。
そのお客様に「しっかり楽しんでもらえるよう」に上手くトークを掘り下げてくれるのがセクキャバ嬢が本来することです。
さらにはドリンクを飲みながら体も触らせてくれます。

弱気でシャイな男の子には「自ら積極的に触りに行ったり、男の子の手を持ってエッチな部分を触らせたり」お客をリードしてくれると言えるでしょう。
お店の提供しているサービスを前向きにこなそうとするのが普通のセクキャバ嬢です。
他には「ドリンクのおねだりをしてきたり」お客様のドリンクを作ってくれたりと色々なサービスをしてくれます。
その後には「おっぱい丸出しになって跨ってくる行為」もセクキャバでは当たり前に行われます。

お客様により「おっぱいを楽しんでもらえる工夫」をするのが普通のセクキャバ嬢です。
あとは「お客様とのキス」も楽しんでしてくれるのがセクキャバ嬢です。
フレンチ・キスからエッチなディープキスまで何でもしてくれます。
もちろんお店のシステムや女の子の「条件」によってキスどこまでOKなのかは異なりますが殆どのセクキャバでは当たり前にしてもらえるサービスです。

おっぱいを舐めたりするのもさせてくれるでしょう。
嬢の中には「イチモツをズボンの上から触ってくれる嬢」もいます。
より「お客様に満足してもらいたい」と献身的に頑張ります。
そしてお客様に気に入ってもらって指名をとって「お金を沢山稼ごうとする」のが普通のセクキャバ嬢がするサービス内容です。

地雷嬢はどんな女の子か?

ではいよいよ本題、「セクキャバの地雷嬢」は一体どんなサービスをしてしまうのでしょうか?
まず「全く話を聞いてくれない」とか「全く会話を盛り上げる気がない」とか「他人の悪口を永遠に言い続ける」とか「愚痴がむちゃくちゃ多い」などの事が挙げられます。
そう、「あくまでお客様を満足させることが目的のはずのサービスを忘れている嬢」ですね。

全くお客様の会話を聞いてくれないので客として行っても全く楽しくありません。
さらに緊張しているのは「お客」なのにそのことには全く触れずに自分の事ばかりを優先して行動してしまいます。
その後も「本来お店の嬢が行うサービス」をかなり手抜きで行っていきます。
「お触りがあまりできないようにガードしてくる」とか「触ろうとするとすぐに痛いと言いながら逃げる」とか「おっぱいを触らせてくれない」とか「キスをしようとするとめちゃくちゃ嫌がる」とか「触り方に異常なまでに注文を付けてくる」とか様々です。

更には「今付き合っている彼氏の話」を話し出すとんでもない女の子もいるようです。
そして何のサービスも全く提供していないくせに「時間延長のおねだり」と「ドリンクのおかわりのおねだり」だけ以上にしつこい嬢もいます。
一言で言えば「全くサービスを提供する気がない嬢」が地雷嬢です。
その癖に「自分のバックになる事だけ」は必ず要求してきます。

そんな嬢と当たってしまったら「チェンジ」をしてもらうことも可能ですので早めに気付いて行動を起こしましょう。
ただ、若干場の空気も悪くなってしまいがちですからお気を付けください。
一つだけ言えることは「あなたは別に何も悪くない」ということでしょう。

どうして地雷嬢に当たってしまうのか?

では「どうしてあなたは地雷嬢に当たってしまった」のでしょうか?
それはまず「お店のキャストに余裕がなくしょうがなく地雷嬢を回されてしまったケース」が考えられます。
小さい規模のお店では「全てのキャストがハイレベル」なことはありません。
教育も不十分の可能性もあります。

なのでその場合はきちんとボーイさんにクレームを付けましょう。
また、「女の子気分が乗らずに塩対応をされてしまった」ということもあるでしょう。
女の子も「人間」です。
気分のムラがある事もあるでしょうが、ここは「お金を貰って働いているお店」です。

この場合もボーイさんに事の事情を説明して嬢をチェンジしてもらう事をおすすめします。
彼女の将来の為にもきちんとした態度で臨んであげることがいいでしょう。
さて実は他にも「地雷嬢が付くケース」があるのです。
それは「あなたの体臭や口臭がキツイと思われてしまったという事。

嬢の方も本当は「もっと沢山エッチなサービスをしてあげたいけれど、体臭がきつすぎて生理的に無理」という場合もあります。
セクキャバに行く前にきちんと身だしなみのチェックをしましたか?
さらには「ボーイさんに横柄な態度を取って嫌われてしまった可能性」。
こちらもあなたの態度が招いてしまったことになります。

ボーイさんは「裏方でその場を仕切る重要人物」です。
「セクキャバのボーイの分際で」と偉そうな態度を取ってしまうとわざと「地雷嬢の気質がある女の子」を回される可能性も否定は出来ません。
こうやってボーイさんに嫌われてしまうのが実はセクキャバでは一番悲しい事になるのです。
別にセクキャバでなくても世の中のコミュニティであればどこでも一緒ですよね。

全ての人にきちんと敬意を払っていればこういうことにはならないはずです。
地雷嬢に当たってしまう可能性はゼロには出来ません。
世の中には多くの「地雷嬢と思しき女性」が存在します。
しかし、原因があなたにあることもあるわけです。

どうすれば地雷嬢に当たりにくいのか?

ではどうすれば「地雷嬢に当たりにくくなるのか?」というところですが、これは「自分の普段の態度をまずは見直そう」ということから始めるのがベストでしょう。
「きちんとお店のルールを守って遊ぼうとしているか?」
「客だからと言って偉そうな態度を取っていないか?」
「セクキャバで体の触れ合いがあることを知っていながらも不潔なまま来店していないか?」
などの自分で気を付けられる部分を悔い改めていくことから始めることがおすすめです。
上質なお客にはボーイさんは「レベルの高い女の子」をつけるのが普通です。
地雷嬢と思しき女性はある程度店側も把握しているものです。

また、近年は「素人系の女性」がアルバイトでセクキャバで働くことが多いです。
SNSなどの普及で「簡単に働けて給料もいい」と話題だからです。
そんな「若い女の子」を選びすぎてしまうと「地雷嬢」の可能性がグンと増します。
ここであなたが出来る事と言えば「学生風な女の子に手を出さない」ということでしょう。

まずはフリーで入って様子を見て「この女の子は間違いない」という子を場内指名して仲良くなっていくことがおすすめだと言えます。
もし地雷嬢がどんどん回って来たならばボーイさんに行って即チェンジでいきましょう!!

セクキャバでは少なからず地雷嬢がいるので気を付けよう

というわけで今回は「セクキャバで地雷嬢に当たらない方法」と「その対応の仕方」についてまとめてきました。

あなたが地雷嬢に当たってしまう理由は「お店」にも原因があるのかもしれませんが、実は「あなた自身の態度」にも理由があるのかもしれません。
お店側と良好な関係を築いておくことで新しいトラブルに巻き込まれることを未然に防げるかもしれませんね。
「お客様だから何をやっても許される」という考えは早急に無くしてお店で一緒にサービスを楽しめる関係を作っていければいいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました