セクキャバではお酒を飲まないでも楽しめるのか?

悩み

女の子をお触り出来ながら、美味しいお酒を楽しめるお店、セクキャバ。
そのセクキャバでは、「お酒を飲まないお客」でも楽しめる事は出来るのでしょうか?
現代社会には、「お酒を飲まないこと」は、昔に比べて普通になりつつあります。

昔は、社会人になればお酒を飲むのが当たり前でしたが、お酒が飲めない人はきちんと断りやすい社会になりつつあると言えるでしょう。
でも、セクキャバでは一体どうなのでしょうか?
お酒を飲むのが目的のお店のようにも感じます。
結論から先に書いておきますと、「セクキャバはお酒を飲まない人でも十分に楽しめるお店」と言えるでしょう。

もちろん、たしなみ程度にお酒を飲めると、より一層楽しくなるのでしょうが、セクキャバでは「お酒を飲まないお客」も歓迎されます。
では、具体的に見て行きましょう。

セクキャバではどんなサービスを楽しむべきか?

セクキャバで楽しむべきサービスとは一体、どういったものなのでしょうか?

セクキャバでのサービスの簡単な流れですが、「入店」
「遊ぶ時間の指定」
「嬢と会話」
「エッチなお触りとお酒」
「嬢と会話をしておしまい」
という流れで、サービスを受けることになります。
もちろん、「お酒の力」を借りて、嬢とより深いコミュニケーションをとることは良いでしょう。
しかし、「全くお酒が飲めない人」も中には、いるはずです。

そんな人は、「無理に酒を飲んで」嬢と会話を盛り上げる必要はありません。
セクキャバで楽しむべきサービスのメインは「あくまでお触り」です。
お酒は二の次でも大丈夫でしょう。
例えば、通常の「キャバクラ」であれば、嬢は必死になってお酒を勧めてくるでしょうが、キャバクラとセクキャバは仕組みが違います。

キャバクラでは「より高いお酒」を飲ませて、沢山のお金を使わさせなければいけませんが、セクキャバでは、「時間でと、お客様の数」で給料が決定するのです。
ということは、セクキャバでは「嬢はあまりお酒を勧めてこないはず」です。
それよりも、もっと「エッチな気分」にさせて、自分の身体を気に入らせようと努力してくるでしょう。
また、「お酒が無いと緊張して、上手く会話ができない」と思われる方も大丈夫。

嬢は「接客のプロ」ですから、きちんとあなたに会話のペースを合わせてくれるはずです。
そうやって、「あなた好みのサービス」を行ってくれるのが、セクキャバというお店です。
セクキャバではお酒よりも、とにかくエッチなプレイに、集中した方がいいと言えます。

セクキャバではお触りがメインだから飲まなくても大丈夫

セクキャバでは、お酒はそんなにたくさん飲まないようにしましょう。
前述したように、セクキャバ嬢に「売上〇〇万円」というノルマはありません。
キャバクラであれば、嬢に課せられた「売上ノルマ」がありますが、セクキャバはそれが無い分、嬢もお酒は勧めてきません。
それよりも、あなたは「今、必死にエッチなサービスをしてくれようとしている嬢をお触りして、エッチなことを楽しむべき」でしょう。

また、その女の子のことが気にいった場合には、「場内指名」をしてあげて、もっと沢山お触りをしてあげましょう。
その方が、嬢の給料も上がったり、お店からの上に対する評価も上がり、長い目で見ると、給料アップに繋がるのです。

セクキャバではお酒を飲まない女の子もいる

さらに、セクキャバには「お酒を飲まない女の子」も、沢山います。

セクキャバに出勤して勤務する時間は4時間から6時間程度になります。
それも、「ほぼ毎日出勤する嬢」もいるでしょう。
そうした時に、出勤するたびにずっとお酒を飲んでいたら、体への負担も相当な物になってしまいます。
というわけで、セクキャバでは「お酒を飲まない女の子」も多いのです。

また、元々「お酒が飲めない体質の女の子」も、もちろん沢山働いています。
あなたがもし、「お酒飲めないけれど、セクキャバに行って嬢に迷惑を掛けないかな?」と、心配をしているのであれば、心配ご無用です。
逆に、かなりのハイペースでお酒を飲んでしまって、あっという間に「泥酔状態」になってしまう、お客様の方が問題ありかもしれませんね。

セクキャバは「セクシーキャバクラ」という事で、一応「キャバクラ」の名前は入っていますが、セクキャバと、キャバクラは似て非なるもの。
キャバクラのように、「ハイペースで高価なお酒を開ける必要」は、全くないのです。
もしあなたが、「お酒が大好き」な体質の方だったとしたら、逆に、嬢の表情もよく気にしながら、お酒を飲んでいくようにしましょう。
ひょっとしたら、「迷惑なお客だなー。」と内心思われているかもしれませんよ?
というわけで、セクキャバでは「お酒を飲まない女の子」もいるので、お酒が飲めない人が行っても全く問題ないでしょう。

セクキャバではルールを守らない客は嫌われる

セクキャバでは、「お酒を飲まない客」は全く嫌われませんが、「ルールを守らない客」は非常に嫌われます。

もし、あなたが、お酒を飲めない体質なのに、無理してお酒を飲んでしまって、ルールを破ってしまうような事が無いようにしましょう。
セクキャバのルールと言えば、「お触りは上半身だけ」とか、「お店で一物を出して、ヌキのサービスを要求する事など」です。
ご存知の通り、セクキャバでは本番行為も、ヌキのサービス、も出来ません。
あなたが、無理に嬢を誘ったり、嫌がっているにもかかわらず、しつこく付きまとったりすれば、ひょっとするとお店側から警察に連絡されてしまう事もあるので、注意しましょう。

もし仮に、お酒を飲み過ぎて、その辺りの判断が出来ないような状態になっていると、取り返しのつかない事態になる恐れもあります。
中には、酩酊状態で、嬢の下半身を触ってしまったり、その場で吐いてしまう方もいらっしゃるようですので、注意しましょう。

セクキャバでは酒癖が悪いお客は嫌われる

多くのお客様は「1件目は別のお店で飲んだ後」にセクキャバを利用します。

きっと、あなたもそうなる時があるかもしれませんが、そんな時はさらに注意が必要です。
セクキャバに入店した時点で、かなりのお酒が入っているのであれば、そこからさらに、お店の中でお酒を飲むことになります。
おまけに、目の前には「エッチな姿の女の子」が、あなたを誘っている状態になります。
お酒のせいで、冷静な判断が出来なくなっている場合、自分の限界を超えてもセクキャバでお酒を沢山飲んでしまう事になるでしょう。

かなりの泥酔状態になって、サービスを受けようとするお客様は、お店からも、嬢からも嫌われてしまう可能性が高いです。
もし、お酒があまり飲めないのに、無理してセクキャバでも追加でお酒を飲むぐらいであれば、いっそのこと、「全く飲まない」という判断をすることも大切になるでしょう。
酒に酔ったから、といういいわけで、お店に迷惑をかけてしまうと、次回以降お店に行きにくくなってしまうかもしれませんね。

セクキャバでは店外でお酒を飲みたがるお客は嫌われる

セクキャバでは基本的に、「同伴」からの入店はOKとされていますが、「アフター」や「店外デート」などは禁止されているお店が多いです。
というのも、セクキャバでは「お店の中でかなりハードなサービス」を提供しています。
もし、お客様と、店外デートやアフターなどで嬢と2人きりになってしまうと、さらに過激なことをされてしまう危険性があるからです。
例えば、どうしても「店外デート」を嬢の休みの日にしたかったので、二人きりで会ってしまった。

その時に、きっとあなたは「ホテルに行きたがる」のではないでしょうか?
ホテルに二人きりで行って、することと言えば、おそらく「本番行為」でしょう。
嬢にその気が無くても、あなたはきっと「最後までしたい」と思っているはずです。
ひょっとすると、嬢にお金を渡して、個人的に最後までしてしまうかもしれません。

すると、ここで困るのは「セクキャバ店」です。
あなたは、その嬢と「個人的なつながり」で最後までしてしまってるので、もちろん、お店に行くことは無くなってしまうでしょう。
ということは、本来あなたが「お店に支払うはずだった売上」は、無くなってしまいます。
さらに、あなたと関係を持ってしまった嬢まで「お店をやめてしまう」可能性もあるのです。

嬢とすれば、もっと長くお店で働きたかった。
と思う事もあるかもしれませんが、それは叶わないまま辞めてしまうのです。
もちろん、そういった事態にならないために、セクキャバ嬢も「店外デート」や「アフター」に行くことを嫌がります。
店外デートや、アフターでは、きっと「お店以外の場所でお酒を楽しむこと」にもなるでしょう。

お店の中だけでお酒を楽しむのであれば、ボーイさんなどの男性スタッフがいるため、自分の身を守ることが出来ますが、お店以外の場所で、お客と2人きりでお酒を飲むと、自分が襲われてしまう事もあるかもしれません。
ホテルに連れていかれる可能性もあります。
しかし、「とにかく可愛い女の子」とエッチな事をしたいあなたは、何度も何度もしつこく嬢を「店外デート」に誘ってしまうかもしれません。
そういう行為は、一番嬢に嫌われます

もちろん、しつこく迫っていることは「お店側にも伝わる」ので、そのお店自体からあなたはマークされてしまう事になるでしょう。
セクキャバに行って、セクキャバ嬢とお酒を楽しむのは「セクキャバ店の中でのみ」に、しておいた方がいいと思います。
店外のバーなどでお酒を楽しみたくなる気持ちもあるでしょうが、あなたが「そのお店を継続的に使いたい」とおもってるのであれば、マナーを守って使う事が絶対です。
もし、「お目当てのセクキャバ嬢」に好かれたいと思うのであれば、尚更「紳士的な態度」で、女の子と接することをおすすめします。

セクキャバ嬢は「かなり多くのお客から誘われている」でしょう。
そんな彼女たちは、誘われすぎてうんざりしている状態。
あなたが、紳士的に優しく「お酒を飲まずに」対応することで、逆にセクキャバ嬢に気に入ってもらえることになるかもしれませんね。
とにかく、セクキャバで嫌われないためにも、お酒の力で「強引に嬢を誘うこと」はやめておきましょう。

セクキャバではお酒を飲み過ぎて泥酔状態のお客は嫌われる

セクキャバでは、泥酔状態で入店してくるお客さまは、間違いなく嫌われます。
もし、あなたが「全くお酒が飲めない」のであっても、「泥酔状態のお客」から比べれば、全く嫌われる要素は無いでしょう。
泥酔状態のお客様は、まず、「お店のルールを全く聞こうとしない」と言うことが挙げられます

確かに、全くお酒を飲めないあなたは「嬢と上手く会話が弾まない」という、難点があるかもしれませんが、前述している通り、セクキャバでは「会話が弾まない」ということは、別に気にするようなことではありません。
むしろ、「泥酔状態で入店してくるお客」は、どんなにお店のルールを説明しても聞き入れない可能性が高いです。
もし、あなたが、他のお店で沢山お酒を飲み過ぎてしまって、「泥酔してしまった」にも関わらず、「今からセクキャバに行こう!!」と思ったのであれば、ちょっとだけ酔いを醒ましてから行くか、「今日はちょっと我慢して、別の日に行くこと」をおすすめします。
それぐらい、泥酔のお客様は嫌われてしまうでしょう。

というわけで、「全くお酒が飲めないから、セクキャバいいっていいの?」と不安になる必要は全くなく、むしろ、大歓迎されることでしょう。

セクキャバではお酒は飲まなくても十分に楽しめます!

というわけで、今回は「セクキャバではお酒を飲まないでも楽しめるのか?」ということを、まとめてきました。
あなたは、「お酒は飲めるけどちょっとだけ。」なのか、「お酒を一滴も飲めない」のか、それは分かりませんが、いずれにしても、セクキャバではお酒を飲まないでも、物凄く楽しめる事がお分かりいただけたのではないでしょうか?
また、「普段は酒豪」の方でも、セクキャバで羽目を外しすぎて、「嫌われるお客」にならないように、「酒は飲んでも飲まれるな」と、ご自分に戒めて、セクキャバを楽しまれることを、お勧めします。

適度なお酒を飲んで、紳士的なふるまいをすることで、嬢からのあなたに対する評価もどんどん上がっていくはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました